リンク先に繋がらないなどの不具合の修正が完了しました。ご不便をおかけいたしましたm(__)m

    • 2020年9月20日
    • 2020年9月20日

    『とある不動産や』(全話)

    『とある不動産や』は、私の頭の中でだけ存在していた『妄想』の物語です。 中々、現実化は難しいかもしれないですが、いつか、『大好きな『映画』を作ってみたい』という夢を少しでも近づけるために、勝手に「脚本的な物語」を書きました。 もう1作、どうしても書きたい『妄想』があります。 機会はいずれ作り、また作 […]

    • 2020年9月18日
    • 2020年9月18日

    とある不動産や(終わりの16話)

    Aがソファに座り、自分の命の終わりを待っている頃、外の世界では、Aの立ち回りにより、Aの狙い通りに物事がまとまっていく。 Aは、ヤクザ事務所に乗り込む前に、警察署に、『狐』が今までしてきたこと、身内のヤクザ5人を刺し殺したこと、 そして、今後も『狐』は危険な人物であることを伝える手紙と、身内のヤクザ […]

    • 2020年9月17日
    • 2020年9月16日

    とある不動産や(赤い涙の15話)

    狐との最終決着が目的のAは、事務所の前で目を閉じた。 これから、自分の人生が終わるかもしれないという現実と、ここで狐をやらないと、おじさんや●●子や少女の命が危ないという責任感。そして、自分の中にくすぶる『スリルと死』を感じることで生を感じる事ができる自分の本性。 Aの目は、しっかりと開いて、前をま […]

    • 2020年9月16日
    • 2020年9月9日

    とある不動産や(愛の14話)

    Aは久しぶりの地元に戻って来た。どことなく懐かしく感じる。 早速、Aは『イカツイおじさん』の元へ向かい、再会する。 久しぶりに見るAの姿、顔つきで、何かトラブルが起きている事を、イカツイおじさんは察知する。 イカツイおじさんは、昔Aと初めて出会った頃のように話をする。 (イカツイおじさん)『腹減って […]

    • 2020年9月15日
    • 2020年9月15日

    とある不動産や(魔の13話)

    ヤクザは素人には引き下がれない。引き下がる気持ちも全くない。 Aも同じだ。Aは、どことなく自分の死を待ち望んでいる。 (Aの心)『所詮この世は暇つぶし。悪人だらけの世の中で、ただただ楽しく時間を潰すだけの毎日。』 ヤクザは部屋の中に6人もいる。Aには仲間はいない。一人だ。Aの腰には、スーツに隠れて忍 […]

    • 2020年9月14日
    • 2020年9月7日

    とある不動産屋(静寂の12話)

    Aは、『宝町』に根付いた『地上げ屋』だ。 Aはひょんなことから『シングルマザーの母親とその娘』の依頼を受けることにした。Aは、まさか『イカツイおじさん』とその二人が知り合いであることは知る由もない。 Aは、早速二人が住んでいるアパートを見に行った。たまたま二人のスーツ姿の男がいた。 (A)『すいませ […]

    • 2020年9月12日
    • 2020年9月7日

    とある不動産や(ゲスの11話)

    『なぜだ。何が起きた。』イカツイお兄さんは現実が受け入れられない。ストーカー男と蛇を殺したかった。人生を捨て、復讐者としての覚悟を決め、地元ヤクザの力を借りてまで二人の凶悪犯罪者を追い込んだ。しかし、『もう一度、●●子と娘と三人でやり直せるなら』と、昔の三人で楽しかった思い出にすがり、二人を警察に突 […]

    • 2020年9月11日
    • 2020年9月11日

    とある不動産や(復讐の10話)

    数週間すると、娘の包帯は綺麗にとれ、左目はとても見えるようになっていた。ただ、娘にも廃ビルでの出来事で深いトラウマができた。 そんな娘のそばに母親の●●子がいた。二人は、少しでも力をいれたら割れてしまう風船を抱えるのかように、静かに、ただ確かに抱き合った。 (娘)『イカツイお兄さんは?』 (●●子: […]

    • 2020年9月10日
    • 2020年9月7日

    とある不動産や(血の9話)

    ●●子のすすり泣きが建物内に響き渡る。●●子の娘も大きな声で泣き叫んでいる。 イカツイお兄さんが急いで二人のそばに駆けつける。 母親に抱き抱えられた娘の両目からたくさんの血が流れている。 まるで赤い血の涙を流しているような、とても痛々しい姿で娘は泣き叫ぶ。 (イカツイお兄さん)『救急車を!』 イカツ […]

    • 2020年9月9日
    • 2020年9月9日

    とある不動産や(残酷の8話)

    『宝町』にやってきた一人のヤクザ。 何でも自分の思い通りにならないと気が済まない。いつも、自分の爪を噛むのが癖だ。 一人のヤクザは、通称『蛇(へび)』と呼ばれている。その名の通り、どんな善良な人間にも絡みついたら離れない極悪人だ。 『蛇』は、一人の弟がいる。唯一の身内である弟には優しい。 蛇は、そん […]

    よく読まれている記事