CATEGORY

知識

    • 2021年10月9日
    • 2021年10月11日

    進化した地震保険と火災保険

    近年の日本国内において自然災害は特に目立ちます。水害・地震による土砂崩れや洪水、水道の配管損傷など自然には到底逆らえないのが現状です。 家や不動産物件を所有しているのであれば『火災保険(総合損保保険)』と『地震保険』に加入されている人がほとんどだと思います。 火災保険(総合損保保険)で補える補償内容 […]

    • 2021年10月1日
    • 2021年10月1日

    経費削減の良し悪し

    経営者にとって実際に支払う経費は少ない方がいいですよね。 世間の雰囲気からすると『規模縮小による経費削減』(閉店)や『支出削減の為のリストラ』が増加傾向に感じます。大手企業はリストラを加速させていますが、中小企業は人は減らしてはいないが給料・ボーナス等の処遇が悪くなっている傾向ではないでしょうか。 […]

    • 2021年9月27日
    • 2021年9月27日

    大手建設会社・不動産会社の実話

    20年以上も前から数年前まで、大手ハウスメーカーと呼ばれる大手建設会社や大手不動産会社が売上・利益を増収増益できた大きな理由は『素人が簡単に稼げる仕組みを作った』という事です。 最近まで大学生だった若者が何の知識もなく、地主にある程度マニュアル化された営業トークや営業手法を活用すれば、年収一千万円も […]

    • 2021年9月22日
    • 2021年9月21日

    だめだめ部長の残念な特徴

    皆さんが勤めてる会社や知っている会社の責任者(店長・支店長・部長等)はどんな人が多いでしょうか? 本日は、どの会社にもいる『だめだめ部長(決裁権者を持つ役職者の例)』の残念な特徴と、こんな風に改善したら会社の環境が良くなり生産性も向上しやすいというポイントを記事に致します。 ~だめだめ部長(決裁権者 […]

    • 2021年9月16日
    • 2021年9月16日

    企業に勤める社員の本音

    この現実を役職者のベテラン社員はどれだけ感じているのか、下記内容は日本国内に多く存在している企業形態における大きな課題の一つです。  (部長)『数字が悪い。このままだと会社の業績回復に支障をきたす。今が正念場だぞ。期待しているから頼むぞ』  (現場の社員)『はい。かしこまりました。(心の声)お前のマ […]

    • 2021年9月6日
    • 2021年9月6日

    お金をかけずに物件を綺麗にする方法

    築年数が古くなれば、賃貸物件の価値は下がり家賃も減少、なのに修理や修繕費用は増額傾向となるのが賃貸物件です。 人間と同じように建物も老朽化が進むため仕方のない事です。そんな状況でも努力するひとと、何もしないのでは差が生まれます。 小まめに歯医者に通うと、口内を衛生的で健康的に保つことができ、美味しく […]

    • 2021年8月30日
    • 2021年8月29日

    不動産業に従事する人が学ぶこと

    本日は不動産業に従事する人が学ぶべきことを題材に学習記事をご紹介させて頂きます。 まず、賃貸・管理・売買・コンサルの4つの分野より何を学習すべきかをまとめてみます。 ~賃貸営業の人が学ぶべきこと~ 1,自社の管理物件を把握する事 ・管理棟数・管理戸数を知る事 ・管理物件の成約している家賃や契約形態( […]

    • 2021年8月16日
    • 2021年8月16日

    ルームクリーニングの単価表(目安)

    ルームクリーニングの単価表(※あくまでも私の経験値による試算です) ①エアコンクリーニング  10,000円~25,000円 ※お掃除機能付きは通常よりも5,000円程高いです。 ※エアコンの機械の性能や室外機まで清掃するかどうかで値段が変わります。  (室外機までクリーニングを行うとすれば、通常料 […]

    • 2021年8月15日
    • 2021年8月14日

    ペットの匂いを消臭・消毒する方法

    本日は、『ペットを飼っていた部屋』のルームクリーニングについて記事に致します。 ペット(主に犬・猫・ハムスター・ウサギ等)を飼っている部屋は、家中に動物の匂いが染みつきます。さらに動物の毛やほこりが要因でダニなどの害虫も大量発生する部屋もあります。 そんなペット可物件の問題は、退去後のルームクリーニ […]

    • 2021年8月9日
    • 2021年8月8日

    不動産業で失敗している会社の特徴

    2021年9月から大塚家具がヤマダ電機に完全子会社化とされることが決定しています。 ヤマダ電機は大塚家具の株式を51%購入し、実質の大塚家具の経営を担う形となりました。しかし、買収当初は、『大塚家具の独立性を重視する』考えをしましていましたが、旧大塚家具の経営陣や上層部が残っている状態では経営改革の […]