MONTH

2020年6月

    • 2020年6月30日
    • 2020年6月30日

    転職を考えている人へ

    新型コロナの影響により、多くの産業で不況が訪れました。自分自身の人生や、今後の生活環境を考えるきっかけとなった人も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな世の中の状況で『転職』を考えている人や、転職をしたいと思っている人へ向けて少しでも参考になるような記事にしたいという思いから作成しました。 今の […]

    • 2020年6月29日
    • 2020年6月23日

    10万円給付金 経済市場動向

    新型コロナショックによる経済対策の一環として、国民一人に対して支払われた国民給付金10万円による経済動向が見えてきました。 経済誌の統計によりますと、1番多い傾向は『生活費にあてる』人が1番多いそうです。家賃や光熱費、食費などが主な生活支出です。 次に多いのは『巣ごもり消費(自宅の中でお金を使う事) […]

    • 2020年6月27日
    • 2020年6月26日

    レオパレス 融資打ち切り

    家具家電付の単身者向けアパート賃貸事業を営む大手不動産会社レオパレス21の業績が想像以上に悪い結果を続けている。 7月22日の株主総会では、創業48年年目のレオパレス21の歴史上で1番苦しい総会となるでしょう。 2020年3月期予想では約800億円以上の赤字となる見込みです。それ以上に危険なことは、 […]

    • 2020年6月26日
    • 2020年6月23日

    ハウスメーカー 変革の時

    大手ハウスメーカーの従来の業態が市場のニーズに合わなくなってきています。とはいえ、資金力や人材豊富な企業にとっては『変革の時』を迎えたにすぎないのかもしれません。 個人への住宅販売を売りにしているハウスメーカーは、『住宅ローン』を利用し、サラリーマンにも購入できそうな価格で販売を継続します。 アパー […]

    • 2020年6月25日
    • 2020年6月24日

    バーチャル渋谷 5万人超え

    日本アニメの『サマーウォーズ』やアメリカの映画『アバター』は、仮想現実をモチーフにした作品です。遂に、リアル仮想現実を実現させた日本人が登場しました。 プロジェクトを率いたのはKDDIの繁田さん。なんと、『リアル渋谷』を仮想現実で再現しました。 参加者は『VR(仮想現実)ゴーグル』やスマホを使って、 […]

    • 2020年6月24日
    • 2020年6月24日

    住宅ローン フィンテックを活用しよう!

    住宅ローンの顧客開拓でフィンテック企業と銀行との連携が広がっている。フィンテック企業が住宅購入希望者である住宅ローンの借り手のデータに合わせて適したローンを『アプリ』で提案し、金融機関につなぐ。新型コロナウイルスの影響で金融業界やフィンテック業界が営業戦略の再構築を迫られるなか、効率的に顧客との接点 […]

    • 2020年6月23日
    • 2020年6月23日

    ベーシックインカム制度『毎月給付金が貰える制度』

    色々な人の色々な価値観があり、また、奥深く勉強しないと語れない分野だろうという思いから基本的には『政治』について記事にすることは避けてきました。 ただ、昨今の『新型コロナウイルス感染拡大』による政府・官僚の政策や手法に多くの人達が疑問を持ち、また、このままの国としての形ではいけないのではないかと私自 […]

    • 2020年6月22日
    • 2020年6月23日

    キーエンスから学ぶ『無形型資産』

    『キーエンス』という会社をご存じでしょうか?日本一、社員の平均年収が高い事で有名です。(平均年収は2,000万円超) 今回は、この『株式会社キーエンス』から今後未来の経営指針を学び、参考にしたいと思い、記事を書かせて頂きます。 株式会社キーエンス(英:KEYENCE CORPORATION)とは、大 […]

    • 2020年6月20日
    • 2020年6月23日

    レオパレス 反社の噂

    家具家電付きのお部屋で有名な東証一部上場企業である『レオパレス21』は今期800億円以上の赤字決算となりました。 とある銀行員の情報では、レオパレス21のメインバンクである『りそな銀行』と『三井住友銀行』が今後の融資をしない事を決めたそうです。 現在のレオパレス21が保有している資産を売却して現金化 […]

    • 2020年6月19日
    • 2020年6月19日

    人生はギャンブル性も強い

    2020年の夏のボーナスが大幅な減少、またボーナスの支払いは無しという企業も数多く出てきております。このままでは、冬も期待できない様子。なぜなら、不況に陥った場合の経済回復には一定のタイムラグ(時間差)が発生するからです。 リーマンショック(2008年)の時には不況前の経済数値に回復するまでに約2年 […]