CATEGORY

知識

    • 2020年3月12日
    • 2020年4月19日

    確定申告~控除額の改正

    令和2年度分の所得税確定申告より、控除額が改正されます。 改正①個人事業の所得税について●青色申告特別控除額の改正(現行65万円控除額⇒改正後55万円) ●基礎控除額の改正(現行38万円控除額⇒改正後48万円) 改正②eーTaxによる申告又は電子帳簿保存を行うと、引き続き65万円の青色申告特別控除が […]

    • 2020年2月29日
    • 2020年5月28日

    老朽マンション 再生促す

    2020年2月29日付日経新聞より。 築30年超などのマンションの老朽化対策が一歩進みます。 政府が28日に閣議決定したマンション管理適正化法などの改正案は、 適切な管理をしている物件を認定する制度の創設や、敷地の売却をし易くします。 住民などの区分所有者で組織する管理組合に、修繕積立金の備えや円滑 […]

    • 2020年2月29日
    • 2020年4月19日

    速報:賃貸経営 節税封じ

    「賃貸アパート経営」「マンション投資」といった名で富裕層の間で用いられてきた節税策が封じられる見通しです。 政府は税制改正や監視強化により、相続税や所得税などを厳しく課します。 不正融資や不適切工事の舞台となって来た賃貸住宅建設は課税面からも抑え込まれ、地価の下押し圧力になるとの見方も出ています。 […]

    • 2020年2月17日
    • 2020年4月19日

    家賃の供託

    住んでいる借家の家主が亡くなりました。家主には子どもがいるようですが、どこにいるのか知らず、今後の家賃を誰に支払ったらいいのか分かりません。供託は出来るのでしょうか? 答えは、供託できます。 このような供託は、弁済供託と言います。 ①家主が明け渡し等を要求して家賃を受け取らない場合②家主の不在等の理 […]

    • 2020年2月15日
    • 2020年6月23日

    そもそもNISAとは?

    個人の資産形成を促してくれる少額投資非課税制度(NISA)について、その仕組みや制度改正で何が変わるのでしょうか? NISAは、投資で得た利益に通常は約20%かかる税金が非課税になるという点が最大のメリット。 例えば株式投資で10万円の利益を得た場合、通常の一般口座での取引なら手元に残るお金は約8万 […]

    • 2020年2月8日
    • 2020年6月23日

    遺言の新保管制度

    遺言書には、法律上、 ①公正証書遺言 ②自筆証書遺言 があります。 ①公正証書遺言 ・公証人(元裁判官や元検察官など)が、遺言者本人から内容を聞きまとめる。・原本を公証役場が保管するので紛失や改ざんの恐れがない。・病気などで出歩けない場合、公証人が家に来て作成してもらえる。 ②自筆証書遺言 ・自ら手 […]

    • 2020年2月5日
    • 2020年4月19日

    太陽光 買い取り値下げへ

    2020年度以降、 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、 太陽光発電(事業用)の固定買い取り価格が引き下げられます。 買い取られた費用は消費者の電気料金などに上乗せされており、 太陽光発電の普及に伴って消費者の負担が膨らんでいるためです。 高額買い取りによる育成からコストを重視した […]

    • 2020年2月2日
    • 2020年5月28日

    自治体主導で土地の境界確定が可能になる

    今の国会にて土地の境界画定に関する不動産登記法の改正案を提案し、成立を目指す動きがあります。 県や市などが産業用道路などを作る際に用地買収を行う際、 土地の所有者が複数人存在していたり、 中には亡くなった方の名義のままにされている土地も多く、 土地の境界がわからずに用地買収が進まないケースが 全国に […]

    • 2020年1月23日
    • 2020年6月23日

    太陽光パネル設置のメリット・デメリット

    まずは、デメリットからご紹介します。 ①初期費用がかかる(ローンを組む場合は利息もかかる。)⇒極力、自己資金で賄う(あとあと繰り上げ返済をする計画もOK) ②固定資産税の負担が増える⇒償却資産として課税されます。シミュレーションを作成しましょう。 ③電化製品の為、故障・修繕が必要になる⇒火災・風災・ […]

    • 2019年12月17日
    • 2020年5月15日

    空家ビジネスと空家問題

    昨今、少子高齢化や地方における人口減少に伴って、空家問題が深刻化していますね。 今回は、空家ビジネスと空家問題の解決策を考えていきます。 空家の問題点 ① 老朽化が進み、近隣や通行人に危害が及ぶ可能性がある ② 管理ができない ③ 固定資産税の支払い義務は継続する ④ 所有者が複数人いる場合、単独で […]