わがまま大家と人気大家の違い

本日は『わがまま大家と人気のある大家の違い』をテーマに記事にさせて頂きます。

まず、わがまま大家の特徴としましては、
『自分の利益のみが気になり、追及する』という特性があります。

賃貸の営業マンや管理会社との信頼関係をしっかりと作れていないのにも関わらず、
自己主張を述べても、現場の不動産会社の皆さんはストレスに感じるだけです。

そして、そんなわがまま大家の物件が空き部屋が多くても、全然気にならなくなります。

建前では、
『ベストを尽くしています。』
というアピールはするかもしれませんが、実際には何も気になっていません。

(わがまま大家)
『毎月のローンや生活支出にとって大切な不動産の利益を簡単に下げれない。
貸出す家賃をきちんと上げて貸してくれ。』

なんて事を言う大家もおりますが、不動産会社は役所ではない為、事業としてしか向き合わなくなります。
よって、自分たちにとってこのわがまま大家の物件は必要かどうか
という視点でドライに見始める為、わがまま大家が気づいた時には時すでに遅し、
今までのわがままが自分自身に大きな波となり返ってきます。

反対に、人気のある大家はよく不動産会社の社員さん達とコミュニケ―ションを取っています。

また、賃貸の現場から
『最近の入居者の成約が決まりやすい傾向では・・・』
という具合に本音で話してくれる関係性を作れています。

そして時には賃貸管理の社員さん達がお願いしてきた実務的な内容に賛同したり、
支出もある程度いとわない覚悟を見せています。

不動産会社から相談を受けた際には、基本は即断・即決が肝心です。

グダグダされると、現場の人たちは他にも多くの業務を抱えているため嫌がります。

せっかく現場寄りの決断をされるのであれば、即断・即決が必須です。
グダグダした分、現場の社員さん達に悪い印象を残します。

大家業は、あくまでも
『自分の欲である不動産投資事業をお手伝い頂いている』
という姿勢を崩してはいけません。

これがなくなると、次第に人間関係に亀裂が入り、
気づいた時には自分の物件を誰も気にかけてくれないという状態になります。

ですが、わがまま大家にも抜け道はあります!
それは全部自分で事業を行うことです!
誰も文句はありませんし、完全自己責任での事業となる為、自由です!
嫌な家賃値下げの話や、リフォームの提案、広告料の支払い、管理用の支払いも必要ありません。

人気のある大家は、とにかく現場の人たちとの人間関係を重視し、
『あの大家さんには相談がしやすい。あの人の物件が空いたら早く決めないといけない』
と思ってもらえます。

よく、『不動産会社の言いなりになればいいのか?』という事を言う人もおりますが、
その発言の時点で『自分の欲である不動産投資事業をお手伝い頂いている』という意識がない証拠です。

不動産事業には建設的な考えで挑むべきだと私は思います。

『現場の人たちが本音で話してくれる関係性』+『現場の人たちがこの大家は現場をよく理解されている』『この大家さんは不動産事業や自分の物件の特性、強み弱みも含めてよく勉強している』という印象を持ってもらえて初めてビジネスとして対等で、良い関係が築けます。

➞『勘違いをしている物件所有者の傾向について(もっと詳しく)』※参照ください

『サブリース物件の交渉において大切な事』※参照ください

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!