身内の調停(いよいよ大詰め)

身内が、
相続問題で調停中です。

以前の記事は➤『身内の調停話』をご参照ください。

いよいよ大詰めの段階です。

裁判所の職員さん達を仲介人とし、
争っている人(身内)が、妥協点も含め、
合理的に解決を図る場所、それが調停(家庭裁判所)です。

長男の主張は変わりません。

相続権の半分を主張(通常通りの相続権です)

長女は、80%くらいの権利を主張。

裁判所の職員は、
『長女さん、あなたはもう少し妥協しなさい』
と長女さんを説得。

しかし、長女さん、
お金がまだまだ欲しいのか、
中々おれません。

最終的な確定判決は、
来年に持ち越しとなりましたが、
おそらく次回で決まるでしょう。

現金は半分ずつ、
土地建物はどちらかが妥協することになると予測できます。

それにしましても、
相続問題って大変です。

遺言書はきちんと残すことが、本当に大事ですね。

『遺言書の保管方法』

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!