コロナの真相

マスコミの発する情報ばかりを目にして耳にしていたら、完全に彼らの偏向しまくった情報が常識だと洗脳され、彼らの思うつぼです。

情報は、自分から探しに行かないといけない。手間がかかるけど、受け身では本当にいけない。

下の動画は、千原せいじが生放送の番組で、コロナが怖いと言い過ぎなマスコミに対し、疑問を呈しています。
勇気がありますね、千原せいじ!すごい!!

お医者さんへ厚生省からのコロナ死者水増しの指示も書面にしっかり証拠として残っています。

ビルゲイツは、堂々と、人類削減計画を口にしています。

陰謀論でもなんでもなく、現実に映像と声として残っている事実をまとめてくれている動画です。⬇️

⬇️ホンマでっか!?によく出ていた、武田邦彦先生のお話も聞いてください。

世界は、ID2020の計画通りに、着々と監視社会へと歩みを進めているということなのでしょうか。

日本でも、政府が進めているムーンショット計画を、ご存知ですか?
このムーンショット計画では、コロナが騒がれる前の今年2月の時点で「新しい生活様式」というワードが登場しています。
コロナの茶番劇は、権力者がシナリオ通りに事をスムーズに運ぶため人為的に作り出されたものだと思わざるを得ない、というのが個人的な見解です。

世界の富裕層の人々にとっては、我々庶民は単なるコマであり、奴隷であり、家畜であり。人とは思っていないのだ。

信じ難く目を背けたい事実だか、これが現実なのだと思う。

世界は一握りの富裕層たちによって思うように動かされている。そう思う。

デンマークではコロナの強制ワクチン法が既に可決されているようです。
日本でも、国民が声を上げなければコロナのワクチンができたとき、強制的にコロナワクチンを打たなければならない法律が出来上がるに違いありません。

でも雑草である我々は踏まれっぱなしではいられない。

私個人的にはコロナの強制ワクチンだけは、なんとしても阻止したいと思っています。
だって孫の顔、見たい!

ところで、新型ブニヤウイルスとかいう新しいウイルスが、中国から発生したとテレビでやっているのを見かけました。

これでもかと、また恐怖を煽り、庶民には自粛生活を永遠に続けさせるつもりなのでしょうね。
人々が集まると、団結しますからね。
自粛もソーシャルディスタンスも、将来社会を監視し易くするために植え付けようとしている「新しい生活様式」であるのは間違いないとは思いますが、人々が団結する機会を奪うことも目的としてあるのだと思います。

悔しいですね、権力者の思うとおりに事が進んでいて。
そう思う、今日この頃です。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、300記事以上の
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!