世界経済危機 大不況の加速

コロナワクチンが開発され、数カ月すれば経済は回復すると思っている人は多いかもしれない。
しかし、現実は厳しい結果を生みそうだ。

今、USA(アメリカ合衆国)の経済学者や経済エコノミストは、これから更に加速するであろう「第二次、コロナショック」を警戒している。

USAの実体経済がわかる指標がある。
「ソルベンシー(支払い能力)」だ。
この指標は、日本では保険会社でよく使われる単語だ。
当然、ソルベンシーが高い方が優良である。

この支払能力に陰りが出始めた。
USAの破産専門弁護士の試算によると、USA企業の約半分が5月に予定しているオフィス賃料を支払えないという。

なぜこのような事態になっているのか。
答えはシンプルである!
借金支払いの為に、さらに借金をしているからだ。
日本では自己破産者によく見られる傾向だ。
支払いのためにローンを組んだり、キャッシングをする行為だ。
これが、USAでは企業単位で当たり前に行われている。

USA企業の特徴としては、資金を市場から集めるか、借入をするかという2択に偏っている。
日本人のように、「現金でできる範囲で小さく仕事を拡げていく」という発想は少ない。おそらく、国の金融教育の影響も大きいのだろう。
どうしても数字で物事を考える傾向が強く、また、レバレッジ(てこの原理)を利用して大きく儲けようとする考えが強い。

もちろん、金融教育は大事だし、数字で物事を見る目も大事だろう。
そうであれば、「支払い能力」も大事な数字であるのにも関わらず、なぜこの数字だけは大事にされないのか。
それは、日本と違い「自己破産」や「倒産」をポジティブに考える文化があるからだ。

日本人の傾向としては、「自己破産」は恥ずかしい、とか「倒産」は肩身が狭くなり、これまた恥ずかしいという思いにかられる傾向だが、USAは違う!
破産や倒産は「チャレンジの証」として称されることも多いからだ!
今のUSA大統領であるドナルド・トランプ氏も過去に2度も破産・破綻した事がある。
これをUSAでは、「果敢にチャレンジした実業家」として評価する。

さて、最後に現実問題である本題に戻りますが、「コロナ二次ショック」がおきる可能性は高いです。
まずは、USAのような経済強国の企業や中小企業・小規模事業者の多くが国に救済されるか、破綻するのかが鍵となりそうです。
現段階ですでに、USAの企業で、「レンタカー大手のハーツ・グローバル」、「百貨店大手のJCペニー」、「石油・天然ガス開発のチェサピーク・エナジー」が破産手続きを検討していると報道されました。
USAの経済エコノミストの見解では、「このような破産申請を検討している企業や会社はとても多く、膨大な数が潜んでいる」とコメントする。

私たちは、かなりの長期的な不況を覚悟する必要がる。
希望を持って生きるために、目の前にある「今できること」と「やるべきチャレンジ」を実践する時である。

本サイト(本音で語る不動産やさん)は、250項目以上の記事を載せています。
記事の内容はお金や保険、投資(不動産・株・FX・太陽光)、実務的な内容やメンタルの管理の仕方まで様々です。
全て無料にて閲覧頂けますので、よろしければ本サイトの『読者登録』をしてもらえると嬉しいです。
また、本サイトの記事をご参考にして頂き、少しでも皆様の生活や仕事が豊かになって頂けますと尚嬉しいです。^^

≪関連記事~トピックス≫
👉コロナ経済対策により貰えるお金

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!