節税・申告~本気を出す税務署

税務署(国税局)による課税強化が進む中、

不動産投資家には厳しい現実が続きます!

不動産融資は変わらず厳しい状況であり、

昨今の消費税還付封じの報道!《参考》速報:賃貸経営 節税封じ

コロナの影響による税収減により、不動産や金融資産を多く保有している

方々には国税の厳しいマークがついてくるとも言われています。

不動産や金融資産を大量に保有している資産家をターゲットに課税を強化しても、多くの国民は反対しません。

お金持ちからは取ってよいという風潮も要因でしょう。

この税収減の景気により、

相続税・所得税含め、多くの資産税を取りに国税も本気を出します。

また、今は賃貸需要の繁忙期!!

賃貸の需要は差別化や物件に対して新しい取り組みをしているかどうかが

家賃下落を抑える鍵ともなっています。

《参考記事》賃貸の新しい付加価値:ロールカーテン!

不労所得とは聞こえは良いですが、不動産を所有しているだけでは

成功を得にくい世の中かもしれません。

これから、私も含めより一層の実務的な学習をしなければ

資産は減少の道をたどるかもしれません。

《関連記事》【成功】の定義とは

それでも必ず諦めなければチャンスはあるとも信じています!

今後も本サイトが一人でも多くの方に寄り添えるよう実務的に検証し、

記載させて頂きます。

【モチベーション向上のための記事】
稼ぎ方改革 不動産編
初心者・女性でもできる不動産投資
不動産の未来予測
稼げる不動産営業

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!