鏡・換気扇・コーキングの洗浄作業

今回は、業務用の洗剤を使用して『鏡の水垢』を綺麗に落とし、
換気扇やキッチン周りのしつこい油汚れの落とし方、
キッチンやコンロ周辺にある『白いコーキングについて取れないカビ』の落とし方をご紹介します。

業務用の洗剤はネットでしか買えない物ばかりですので、中々一般的な方法ではないかもしれませんが、
やはりプロの清掃業者さんは『いい洗剤』を使っています。

まずは業務用の洗剤をご紹介致します。

『鏡の取れない水垢を落とす業務用洗剤』

なんと、これ一本で7,000円近くします。
高いですね。。でも業者さんは『何をしても取れなかった水垢を綺麗にしてくれた』という信頼を得るためにコストをかけ、綺麗に仕上げます。

方法は、この洗剤をスプレー上の容器に入れ、プシュッと満遍なく鏡にかけて柔らかいスポンジで5分ほど磨きます。そのあとは、さっと水で流し拭き取ります。
もう少し水垢を取りたい時には、もう一度同じ作業をしてみてください。
参考写真で見るよりも直で経験する方が面白いですよ。

続いては、キッチンやコンロ周りにある白いコーキングについて取れないカビの取り方です。
黒くなってしまって、カビキラーなどで吹きかけこすり落とそうとしてもカビはそんなに取れません。
しかも、コーキングはこすりには弱い性質ですので、破断したり、ボロボロになる事も多いです。

そこで、こちらの洗剤です。

『かびとりいっぱつ』です!
本当にコーキングのカビが綺麗に取れます。
しかもこする必要が全然ありません。

方法はとても簡単です。
カビがついたコーキングに、このゼリー状のカビ取り洗剤(業務用)をつけるだけです。
※コーキング以外につけると変色する可能性も有りますので注意してください。

ピンクのゼリー状の洗剤がドロッと出てきます。
そのゼリー状洗剤を綺麗にコーキングにつけて、早くても4時間、できれば12時間以上は放置してください。
※サランラップで覆っておくのも良かったです。

時間が経過しましたら、雑巾などで綺麗に拭き取るだけです。
仕上がりにはほとんどの人が驚くぐらいカビが取れています。
私には科学的には分かりませんが、おそらくこの洗剤はカビを溶かして浮かす成分なんだと思います。

最後に、キッチンや換気扇などについて取れない『こびりついた油汚れ』です。

これは、この業務用洗剤を使用すると、15分くらいで綺麗に油汚れは落ちます。

この業務用洗剤は中身は綺麗に青色の液体洗剤です。

かなり強いアルカリ性の洗剤ですので、肌に触れるととても痛いです。
目や口に入るとかなり危険ですので、マスクにゴーグル、防水用のゴム手袋をきちんと着用し、
肌に直に触れる事は決してないようにされてください。

そして、とても強い洗剤ですので長時間つけていると物体の色が変色します。
頑固な油汚れでも吹きかけてから5分ほどおけば充分です。
怖い方は、スプレー対応の容器にケミクールを半分、水を半分入れて薄めるのも有りかと思います。

本日ご紹介させて頂いた業務用の洗剤は、どれも直で触ったりしてはいけません。
汚れがとても落ちるという事は人間の体には毒だという事です。

汚れを綺麗に落とすのはプロの業者としては必要な事だと思いますが、さらに優秀な業者さんはそのあとがとても丁寧です。

強くて人間の体に害をもたらす可能性が高い洗剤を使用した後に、乾かして、さらにエコ洗剤(人間に害がないエコな洗剤です)を染み込ませた付近で綺麗に拭き取りを行うという心配りが重要です。

試したい方はネットで検索し、なるべく安い方法(送料にはご注意ください)で購入し、チャレンジされてみてください。

不動産管理会社によっては、安易に『交換する』事やリフォーム提案を行う人もいますが、入居者の退去後に優秀で丁寧な清掃業者に入ってもらえれば清潔的に少しでも長持ちする事が多いと私は思います。

そして、不動産管理会社の社員さんの中に『清掃』について詳しい人間はほとんどいません。
1,000人に一人いるかどうか、というくらいのレベルです。
清掃はめんどくさくて業者に依頼するもの、これが全国の不動産管理会社に多く見られます。

中には、清掃部門をもっているという中堅の不動産会社も有ります。
しかし、私が話をしている感じでは、清掃の知識は身についても『清掃の意義』を理解している人は少ないのが印象です。

不動産業においての清掃とは、『住んでくださっている入居者』『新しくお住まいになる入居者』の為に、安全で清潔な環境を提供することが大儀であります。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!