とある不動産や(タケル君)

Aとタケル君はとても仲良しになる。

Aが、タケル君の父親(竹下)と不穏な出来事が後でも、
タケル君はAと仲良くする。

のちに二人は中学生となり、
Aとタケル君は上級生に絡まれ、Aは殴られるタケル君を助けようと、
初めての「暴力」を使い、「自分の狂気」に気づく。

Aの暴力と、狂気に気づいたのはAだけではない。

タケル君も同じく、Aの狂気に気づく。

(タケル君の心)
「こいつはいいや!何かあってもAは使える。」

やがてAは、夜の街で有名となる。
黒い2本の警棒を使い、暴力を生きがいとする「ケー坊(けーぼう)」

そんな、不良たちのカリスマ的存在となっていくAをタケル君は利用する。

タケル君は、塾の行き帰りに、ストレスのはけ口として、
不良にも、優しい子にも、Aの名前を使い「たかり」を繰り返す。

だんだんタケル君の行動はエスカレートしていき、
自分が好きな女の子に、見向きもされないと分かると、
じっとしていないと、ケー坊を呼ぶぞ。」と脅し、レイプした。

なんでもアリになって来たころ、
タケル君は、隣の中学で有名な美人と街で出くわす。

タケルは、有名な美人をカラオケに誘うが、誘いに美人はのらない。
しびれを切らしたタケル君は、Aの名前を使い、脅し、
強引にカラオケに入る。

カラオケの部屋に、有名な美人を押し込もうとしたその時、
Aの兄が、彼女と一緒にカラオケルームから出て来た。

Aの兄は異変に気づき、タケル君に近づく。

(Aの兄)
「タケル、何やってんだ?」

(タケル君)
「いや、別に。カラオケに友達と来ただけですよ。

その時、有名な美人は勇気を振り絞って声を出す。

(有名な美人)
「助けてください!」

Aの兄は、ただ事ではないと判断し、有名な美人を帰してあげる。
兄は、タケルを見つめて話をする。

(Aの兄)
お前、こんなことしていいと思ってんのか?
しかもお前のあの態度、初めてじゃないな!

タケル君はとても焦りだす。
万が一、Aに知られたらタダではすまない。

タケル君は、Aには黙っていて欲しいと、Aの兄に頭を下げる。

兄は、「次はないぞ!」と言い放ち、自分の彼女を連れて去ってゆく。

さすがのタケル君も、Aの兄には逆らえない。
というよりも、Aが怖いのだ。

そんなタケル君は有名な進学校に進み、そのまま一流大学へと入学。

大学卒業後は、父と同じ銀行に就職する。
父は銀行の専務(役員)、タケル君は、コネですくすくと出世をする。

そしてタケル君は、銀行の支店長となり、結婚し、家庭を持つ。

タケル君は、部下とお酒の席で、酔っぱらうとよく同じことを話す。

俺は生まれながらの勝ち組だ。運がいいんだよな。
世の中、運だよ!結局、運がいい奴が得をする

タケル君の悪事はこれから、タケル君の妻や子供が背負っていく事を、
今のタケル君は知らない。

のちに、タケル君は女遊びをする。
タケル君は遊び相手の女性とお酒を浴びるように飲み、
毎晩楽しんでいる。

いつの日か、タケル君の自宅にたくさんの記者が集まってくる。

(とある記者)
「あなたが高校生の頃、レイプ魔だという噂が各局の情報部宛に届いていますが、本当でしょうか?」

タケル君は、とても焦った。
心配そうに妻も見ている。子供も見ている。

タケル君の存在に気づいた、昔タケル君にレイプされた女性が、
意を決して各局に話を投稿したのだ。

これを機に、タケル君にレイプされたとして、
なんと5人もの女性が名乗りを上げた!

タケル君は「非道極まりない、残虐な人格」として判決を受け、
当時高校生であった事件にも関わらず、「実刑・有罪判決」を下された。

タケル君の妻と子供はこれから先、何十年も、
タケル」を恨む生活を余儀なくされた。

そんな「タケル」が報道されていたニュースを、
Aの兄がマジマジと見つめていた。

👉『とある不動産や』(物語全話)

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!