順調な人生なんてない

ある程度の予測とある程度の努力をこなし、ある程度の実績を作り出し少しずつ自分に自信をつけていく。
昔のように切羽詰まることは少なくなっても、やはり人生は順調にいかない。

皆さんの中に『我の人生は計画通り!全て順調だ』という人はいますか?

ある程度の稼ぐノウハウや稼ぐ力を身に付けたという気持ちになってはいたものの、やはり今回のウイルス蔓延は想定外で、また、自分の対応能力の弱さにもどかしさを感じています。

まだ影響が少ない人もいるとは思いますが、現実的にこれから益々の不況になります。

なんとなく気付いている人は多いと思いますが、不景気になり、物は売れなくなります。なにせお金が足りない人が増えるのですから消費が全体的に落ちるのは当然です。

中には、『あの人はお金に余裕がありそうだから大丈夫だろう』と他の誰かを大丈夫だと思っている人もいるでしょう。

しかし、稼ぐ人の周りも稼げる人ばかりで安泰という人間関係は少ないでしょう。

誰かが稼いでいても、その人の周りの大切な人の中でお金が足りなくなる人が必ず出てくる。
家族、恋人、友人、親戚、親友、様々な人間関係の中でその稼ぐ人もおのずとお金は減るでしょう。

では、人間関係を見直し、極力少数での対人関係にとどめて生活をすれば問題は減るのでしょうか?

これが不思議と対人関係を減らすと『アイディアや成長する機会』が少なくなり、個人の能力や経験値も伸び悩みます。
ある程度は『経験と実力』で稼げたり、資産を守れると思いますが、自分の幸せと向き合ったときに対人関係の省エネは、結果的にプラスにはならないと感じます。

私の感覚にはなりますが、『いい人間関係』とは、
自分のことを大事にしてくれる、大事に思ってくれている
と感じられる関係かどうかです。
それと同時に、自分もその人を自分と同等かそれ以上に大事に思い
少しでも出来ることを行動に移せるかどうかです。

今月に入り、関西から九州にかけて私の知人の会社、お店が30社ほど倒産しました。2社のみ黒字倒産となりましたが、その人もやむなく店じまいをしました。

『これ以上は会社の預金が底をつく。社員や仲間には申し訳ないが、家族を路頭に迷わすわけにはいかない。これ以上は踏ん張れない』

このような意見を想像してはいたものの、聞いてしまうと心が痛みます。
それでも自分にできることは限られています。

自分がビルゲイツであればどうしていただろうか。
たいして解決策の無い妄想をしてしまいます。
そう考えると、『元、ZOZO創業者の前澤氏』による毎日ツイッターをフォローするだけで抽選で10万円が当選するという施しをされているのは『ありがたい』ですし、何もしない人より素晴らしい行動だと思います。

自分の本業に自信がある人で、一握りの運や才覚を持っている人に言うつもりではないですが、自分の本業が『自ら労働して得る対価』に頼るだけでは危険だという事を少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

月に5万円でも、労働対価以外での収入源を作る努力も始めましょう。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、300記事以上の
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!