ワンピースの作者・尾田栄一郎氏が伝えたいこと

突然ですが、
私が天才だと思う勝手に大尊敬している

3大漫画家は、

ワンピースの作者『尾田栄一郎』氏、

絵だけで感情が伝わってくるバガボンドやスラムダンクの作者『井上雄彦』氏、

幽遊白書・ハンター×ハンターの作者『冨樫義博』氏です。

その中でも今回は、尾田栄一郎氏の『ワンピース』について記事にしたいと思います。

尾田栄一郎氏の作品『ワンピース』には彼からの「世界と日本の歴史」という壮大なメッセージが暗にたくさん散りばめられていると感じます。
それに気づいたきっかけは、私が遺伝子について興味を持ったからなのですが。

これは、私の個人的な見解になりますので、ご参考程度にお読みいただければ幸いです。

まず、ワンピース(ひとつなぎの秘宝)は、その名の通り、

『世界をひとつなぎにする』がテーマであると思っています。

これは、

『世界中を繋ぐインターネットや衛生』のことでしょうか。

『世界をひとつなぎにする宇宙船や衛生宇宙船』なのでしょうか。
それとも、海で分かれている大陸を再び浮上させる装置があり、世界中の大陸をひとつなぎにして支配する『権利』のことでも指しているのでしょうか。

色々想像は尽きないですが、
私の見解は、これは大東亜戦争(太平洋戦争)時に日本人がスローガンとして掲げた
『八紘一宇』(はっこういちう)に通じているように思えるのです。
『八紘一宇』とは、神武天皇が即位された際に作られたとされる詔にまで遡り、
「八紘(あめのした)を掩(おお)いて宇(いえ)と為(せ)むこと、亦可(またよ)からずや」
つまり、「世界のすみずみまでも、ひとつの家族のように仲良く暮らしていける国にしていこうではないか」
という、建国の理念です。
このスローガン実現のため、我々の祖先は多くの犠牲を出した大東亜戦争(太平洋戦争)を戦い抜きました。
『ひとつなぎの秘宝』は『八紘一宇』に通じており、この思想にヒントが隠されているように思います。

ところで、ワンピースの物語でちょくちょく紹介されている『Dの意思』。
この『D』とは、一体何のことなのでしょうか。
これが、先程少し触れましたが、私が遺伝子に興味を示したことで見えて来た尾田栄一郎氏から日本人である私達へ送られているメッセージのひとつだと思うのです。

実は、遺伝子における『Dグループ』は、
日本人の約4割が持つ遺伝子グループです。
日本人の中では一番多いDグループですが、このDグループ、
実は世界では大変稀有な存在なのです。
日本に一番近いはずの中国人や韓国人にはほとんど存在しない遺伝子グループで、チベット高原や南西諸島と日本列島にしか見られない遺伝子グループと言っても過言でありません。
なお、父方の遺伝子であるY染色体においては、Dグループ中のD2グループは、日本人特有といえる本当に特別な遺伝子なのです。

よって『ワンピース』における『Dの意思』の『D』。
これは、”D=日本人の象徴”と言えるのです!

遺伝子構造の詳細についてはコチラの過去記事をご参照ください。
遺伝子検査をしてみた結果

そしてワンピースに登場する『世界政府』。
アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国などの大きな権力で世界を牛耳っている国々を暗に指しているのではないでしょうか。

また、少ししか登場していないけれどワンピースファンであればご存知、世界政府を束ねている絶対的権力者である『イム様』は、『イエス・キリストムハンマド』の頭文字をとったのだと私は思っています。

イエス・キリストキリスト教の神であり、ムハンマドイスラム教の預言者。
現在全世界には世界総人口の約3分の1の23億人以上がキリスト教徒、18億人以上がイスラム教徒であると言われています。

宗教について詳しくはないので詳細の説明は避けますが、

つまり、現世界は、キリスト教徒とイスラム教徒で大半を占めているわけです。

ワンピースの『世界政府』は『キリスト教・イスラム教』信者の人々で成り立っている、と暗に示していると思うのです。

これって、今の世界を象徴しているように思えませんか?

そしてキリスト教は元をたどればユダヤ教に行き着くため、キリスト教の信者には『ユダヤ人』も含まれます。

つまり、世界政府を作り上げた20人の王たちの末裔は、『キリスト教・ユダヤ教・イスラム教』の神を信仰している人たちの中でも位の高い子孫である、と解釈できると思っています。

世界政府を作り上げた20人の王たちの末裔である世界貴族(天竜人)の振る舞いは、まるで有色人種の国々を植民地支配していた欧米人による奴隷たちへの行いのようです。

ルフィはじめとする仲間たちは、様々な権力や悪や理不尽に諦めることなく果敢に立ち向かっていきますね。

その姿は、宗教や人種による差別や領土争いによる戦争を繰り返してきた欧米列強に対して、欧米列強による理不尽な『植民地化』を終わらせるため、『八紘一宇』の思想の下アジアを守ろうと決断し、果敢に戦いに行った日本人の姿と私は重なります。

今の日本は、戦後色々な意味で骨抜きにされ、ボロボロにされ、強い日本人の姿は影を潜めてしまったけれど、
Dの意思を確実に受け継いでいる我々日本人に、

強く優しい日本人よ、覚醒せよ!
『八紘一宇』の夢をあきらめるな!立ち上がれ!

尾田栄一郎氏はそう訴えているように思えてなりません。

彼は、日本人の心を諦めていない、諦めたくないのだと私は強く感じます。

また、「世界経済新聞」を発行する「世界経済新聞社」の存在は、現世界に実際にそのような存在が確かにあるのだということを暗に尾田栄一郎氏は教えてくていると感じます。
コロナ怖い、コロナ恐ろしい、ワクチンさえできれば世界は救われる、
そうマスコミ(世界の何者かの権力者)に情報操作され世論をつくられ、それを大衆のほとんどが信じ込んでいるという現世界の構図は、まさにこれです。

ワンピースは、現世界の本当のところの姿の縮図であり、何の疑問も持たず普通に生活をしていたら分からない世界の闇の部分を理解するヒントが大いに散りばめられていると、私は思います。

以上が私の見解です。
ご参考程度に考えて頂ければ幸いです。

少し話が逸れますが、最後にワンピースの登場人物についてお話しします。
個人的には、初めは『赤髪のシャンクス』が好きで、次に『ロロノア・ゾロ』に憧れて、今は『光月おでん』に惚れています。光月おでんのような男になれたらと、私が密かに目標している男です。

日本に原爆投下された悲劇の日や、終戦記念日が近づいています。
今回、『ワンピース』を通して日本が起こした大東亜戦争(太平洋戦争)のことにも少し触れましたが、今後その戦争について、原爆についても事実に基づいてお伝えしていけたらと思います。

≪関連記事≫👉悩んでいる時や落ち込んでいる時の具体的な対処法

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、300記事以上の
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!