遂に登場!家賃減額 ネットで無料調停

不動産業界を揺るがす「ネットで家賃の減額交渉ができるサービス」が始まった。
おそらく、今回を機にテナントや居住用の家賃減額交渉が加速する。
日本の不動産神話が崩壊する可能性がある。

企業の顧客支援を手掛けるスタートアップのミドルマン(東京・品川)は、飲食店などのテナント料に関するインターネット上無料調停サービスを始める。

調停はスマートフォンやパソコンを使い、全てがインターネットで完結する。
調停人となる弁護士らがチャット形式で法的助言をしながら、物件の賃貸人・賃借人の双方の事情を聞き、和解案を提示する。

和解が合意すれば、和解の合意書も作成する。
原則14日間での解決をすすめる。
賃貸人・賃借人のどちらからでも申し立てを受け付ける方針だ。
≪関連記事≫👉家賃の下げ方

今まで、家賃の減額をどう行えばいいのだろうという潜在的なニーズを掘り起こす時期としては最高のタイミングだろう。
調停は合意しなければいいじゃないか、と思う人もいるかもしれないが、
法的に妥当な理由・妥当な金額出れば、裁判をしたら負ける可能性が高い。
さらに言えば、リーマンショック時では、弁護士・司法書士は仕事が減る中、生き残る道として「弱者保護の過払い金請求」に業界全体が舵を取った!

今回は新型コロナの影響による経営悪化や経済悪化による
「弱者保護としての家賃減額」が法律家の主な収入源になる可能性がある!
そしてこれは流行る可能性も秘めている。

本サイト(本音で語る不動産やさん)は、250項目以上の記事を載せています。
記事の内容はお金や保険、投資(不動産・株・FX・太陽光)、実務的な内容やメンタルの管理の仕方まで様々です。
全て無料にて閲覧頂けますので、よろしければ本サイトの『読者登録』をしてもらえると嬉しいです。
また、本サイトの記事をご参考にして頂き、少しでも皆様の生活や仕事が豊かになって頂けますと尚嬉しいです。^^
≪関連記事≫👉素敵な店舗賃料の減額の手法

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!