中小支援金融サービス フィンテック・ファクタリング

政府の緊急事態宣言を受け、中小企業の経営環境が著しく悪化し、これからさらに厳しさを増す中、フィンテック勢が資金繰りの支援に動いている。
従来の金融機関(銀行)と異なり、数日内の迅速な審査のため、即現金化が可能となる。

従来の金融機関の審査では、現金化に3~4カ月かかることも多い。
フィンテックは1週間以内の現金化も可能だ。

仕組みはこうです。
企業やお店などの売掛金債権を担保として、売掛金請求書を現金化して企業やお店に審査許可後、数日内に振込む。
企業やお店は売掛債権の取引先が代金を支払えば、フィンテック会社に弁済する。
フィンテック会社の手数料は売掛債権(請求書金額)から2~9%ほど。
要は、フィンンテックが買い取った売掛債権の金額から手数料を差し引いた金額を審査をした企業やお店に入金する仕組みです。
このような仕組みをファクタリング(売掛債権の買取)と言います。

主に、建設業や広告、イベント業などは仕事の完了から代金の受け取りまでは期間が数カ月から1年程かかるケースがあります。
今回のように短期での現金が必要な苦しい時には、とても助かる仕組みです。

ファクタリングをしてくれる会社はいくつかあります。
例えば、OLTA(オルタ)やMF KESSAIなど。
このファクタリングのサービスは前月比より44%も増えています。
それだけ短期の資金繰りに困っている中小企業が多いという事です。

他の注目を受けているサービスでは、「オンライン融資」や「クラウドファンディングを利用した資金集め」も利用者が増えています。
こんな時に注意すべきは悪質な会社(詐欺)も存在しているため、信用度や信頼度が高いかどうかも必ず注意して見極めてくださいね。

≪関連記事≫👉クラウドファンディングサービスと
👉オンライン融資の実態

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!