一時金と年金 併用も可能

◆退職給付制度
従業員が退職する際に企業が従業員の過去の労働の対価として給付金を
支払う制度。
退職時に一度に支払う一時金制度と、何年かに分けて支払う年金制度
区分される。併用も可能だ。

年金制度は企業が従業員に給付額を約束する確定給付年金(DB)と、
従業員が自ら運用する確定拠出年金(DC)に分けられる。

日本では、従業員が1000人以上の企業では7割が退職年金制度を導入する。
中小企業では導入していない企業も多い。

DBやDCは一時金として受け取る事もでき、一時金を選ぶ人が多い。
老後の生活費を確保するために年金で受け取るべきだという指摘もある。
(日経新聞情報)

≪関連記事≫
👉世界のマネー 日本の不動産市場に影響
👉ベテラン社員は悪影響



不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!