不動産 今後の融資状況(令和2年~)

今回、私自身も気になっている不動産の融資状況はどうなるのだろうと思い、
都市銀行勤務の方、地方銀行勤務の方、信用金庫勤務の方・・・約20人の役職者の行員さんに聞いたお話を、紹介します。

①令和2年~やはり融資の状況は厳しいの?

厳しいという方が多数
現状維持という方が少数でした。

②融資状況はどう社会が変化すれば良くなるの?

今がある程度正常な融資環境で、以前が緩かった、とのこと。

リーマンショック(10年程前)から4年くらい融資が厳しくなり、少しずつ緩和され、2年前までは緩かったようです。

つまり、良くなるとは思わないほうがいいという回答でした。

③金利は上がる?下がる?

この質問は、けっこう話を逸らされました(^^;

収益物件の融資審査の一つとして、各銀行が提示している基準金利に一定の金利を上乗せし、その金利(4~4.5%内の金利上昇リスク)にも耐えて返済が出来る案件かどうかという基準はあるにはあるが、

実際の金利が上がるかどうかは分からない、が回答でした。

ただ、都市銀行の行員さんは、

「今の経済状況で仮に金利が段階的に上がったとしたら、サラリーマン投資家や不動産投資家、ひいては中小企業が多く破綻してしまうと思う。」

とおっしゃっていました。

④どこの銀行、どんな融資担当だと融資が有利ですか?

都市銀行の行員さんは、揃って厳しい回答でした。

当分は収益物件や投資案件は厳しいが、
融資を受けられる方の属性(預金やプラスの財産、高収入の医者や公務員)がよければ別、らしいです。

地方銀行の行員さんは、

案件にもよるし、本当は融資したいから、ノルマ意識が高い支店や行員を探すといい、

とおっしゃっていました。

⑤既存の借入している金利は交渉で下げれますか?

下げているケースが増えてきているそうです。

特に、他の銀行に借り換えされる危険性を感じたら本気で動くケースが多いようです。

ただし、そもそも返済が滞っていたり、物件の赤字が目に見えていて、かつ本人の返済能力が弱いと思われたら、なかなか金利交渉は上手くいかないです。

まとめ

●令和2年以降も、融資状況は厳しい。

●金利が上がるか下がるかは現状分からない。

●都市銀行より地方銀行のほうが、何とか融資実績を作りたいと貪欲な支店・行員さんが多い。(ただし、案件次第。)

仕事を通じてにはなりますが、丁寧にお答え頂いた行員の皆様ありがとうございました。


不動産投資ランキング

👆👇応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です