融資の受け方

あなたは、どんな融資を受けたいですか?

①個人で事業を行う場合

②法人名義で融資を受けたい場合

③現在の借金をまとめて一つの借入にまとめたい場合

④不動産購入のために融資を受けたい場合

⑤住宅ローンを受けたい場合

⑥太陽光発電設置のための融資を受けたい場合

 etc…

融資を受けたい理由はそれぞれ様々だと思います。

上記融資を受けるのには、共通点があります。

それは、

お金を貸す側の立場を考えた個人資料の準備

が必要である、ということです。

必要な個人資料★

①確定申告書 or 源泉徴収票(2~3ヵ年分)  ※法人であれば、さらに、法人の決算書も必要

②納税証明書 
  (住民税・所得税所得税など、税金をきちんと納めているかの証明書。)
  ※市役所・税務署で取得できます。まずは、各行政に連絡をしてください。

③免許証(写し)
 ※個人を特定できるもの(保険証・顔写真付のパスポート等)

④事業計画書
 初めての方は、購入先の不動産業者や金融機関に作成方法をお尋ねください。

⑤エビデンス
 預金・貯蓄性の保険・株などの金融資産の証明。
 預金であれば通帳の写し、貯蓄性保険であれば解約返戻金の写し、株は現在の価値の写し。

⑥負の資産の報告 
 借入金やローンなどある場合は、返済予定表の写し。

上記資料が準備されていれば、金融機関も事前の審査がしやすい為、ある程度の融資内容(借りられそうかどうか)がわかります。
また、上記資料が準備できている方は、金融機関のイメージも良いです。
(金融機関の立場を理解しているきちんとした人だという印象を持たれやすいです。)

反対に、何も準備なく相談に来られても、金融機関の行員さんは困ってしまいます。

本サイト(本音で語る不動産やさん)は、250項目以上の記事を載せています。
記事の内容は実話・お金や保険、投資(不動産・株・FX・太陽光)、生活に関わる実務的な内容やメンタルの管理の仕方まで様々です。
全て無料にて閲覧頂けますので、よろしければ本サイトの『読者登録』をしてもらえると嬉しいです。
また、本サイトの記事をご参考にして頂き、少しでも皆様の生活や仕事が豊かになって頂けますと尚嬉しいです。^^

《関連記事》
👉中小企業へ無利子・無担保融資~コロナ経済対策
👉日本政策金融公庫~コロナ対策による融資緩和

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

⇩関連会社の案件ページに飛びます

最新情報をチェックしよう!