入居者の為の情報(損をしない方法)

本日は入居者目線で『損をしない方法』を記載したいと思います。

まず、ご入居される前に賃貸借契約に必要な費用とは別に『オプション費用』について情報をお伝えさせて頂きます。

入居者には、オプションとして『害虫駆除の抗菌(1年間の保障付)』『お部屋の抗菌作業』『トイレやお風呂のコーティング費用』『鍵の紛失に備えた保険』などなど、今はたくさんございますよね。

害虫駆除の消毒や抗菌、お部屋の抗菌、トイレ・お風呂場のコーティングはホームセンターでほぼ全て購入できます。
一つのオプションを業者に依頼すると作業費用や移動費用が加算される為、材料費+5,000円~10,000円に加えて、オプション契約をした不動産会社の利益も加算される為、通常で自分でやれば5,000円で済むことが、+15,000円くらいかかるケースが多いです。

よっぽど忙しい人で、『オプションをやってもらいたい』とご希望されるのであればいいと思います。
しかし、ほとんどの人は『やり方が分からない』という理由でオプション契約をされる人が多いです。

ホームセンターでは、どのようにすればよいのかまで教えてくれる定員さんもけっこういますし、今はYouTubeでも色々な作業が確認できます。

もう一つ、既に入居されている入居者さんの隠れたニーズについて情報提供をさせて頂きます。

【入居者の隠れたニーズ】
・入居中に部屋のクロスを破ってしまった。直したい。
・扉の開閉がしにくくなった。※正直自分の使い方にも不安がある。
・お風呂場の鏡の水垢がきになる。綺麗にしたい。
・エアコンのホコリやカビが気になる。誰かに清掃してもらいたい。
・床にシミや汚れを付けてしまった。綺麗に戻したい
・キッチンを汚している。綺麗にしたい
・網戸を破ってしまった。ガラスにヒビもつけてしまった。
・所々穴をあけてしまった。

この隠れたニーズをそのままにしておくと、お部屋を退去するときにけっこう費用を取られるケースも多いはずです。
ポイントはたった3点です!

1点目、
自分が原因で補修作業(メンテナンス)が必要なことは退去より2カ月前までに直接業者に依頼しましょう。※退去直前ですと業者の対応が間に合わないことになります。
2点目、
少しでも安価にするために、YouTubeやホームセンターで賄える作業(軽清掃)を済ませておきましょう。
3点目、
業者に依頼せずに自分で行った作業が失敗した場合のリスクは全て自分に返ってきます。

では、なぜこの3点を理解する事が損をしない方法かをお伝え致します。

例えば、お部屋の壁クロス紙を張替える費用は、退去後ですと㎡×1,400円~1,600円の費用を請求されます。
縦(高さ)2.5m×横(長さ)5mの壁クロスを張替える事が必要だとします。
業者に直接依頼すれば、2.5×5=12.5㎡ですので、12.5㎡×1,200円=15,000円に出張費5,000円+くらいの2万円程で完結出来ます。
退去後に不動産会社が発注すれば、原価(2万円)×不動産会社の利益20%~30%=26,000円程を要求されるケースが大いに予測できます。
不動産会社は、業者の手配や労務費として利益を当然にのせてきます。これは至極当然の仕事です。
であれば、最初から不動産会社が手配する必要が無いようになるべく補修箇所を減らせば、入居者の支出も減りますので損はないです。

もう少し、具体的にご紹介させて頂きます。

【例】
入居者が要因で補修や交換が必要になった箇所
・①壁クロス張替(12.5㎡)
・②トイレと洗面化粧台の床材CF(クッションフロア)の張替(6㎡)
・③キッチンキッチン換気扇の油汚れによる換気扇の分解洗浄作業費用
・④網戸の交換1枚
・⑤お風呂の鏡水垢による交換1枚
・⑥壁クロスの一部にあるシミ・汚れの洗浄と一部穴が開いている補修作業

⑦トイレの扉の開閉がしにくい為、補修が必要。

この上記内容を費用請求された時に不動産会社より要求される金額予測といたしましては、
①26,000円 ②26,000円 ③2万円 ④8,000円 ⑤12,000円 ⑥25,000円 ⑦5,000円
合計にしますと、125,000円も清掃費用とは別に請求される可能性が高いです。
しかも、消費税までかかりますので、125,000円×消費税10%=137,500円です。

上記を業者さんに事前に依頼しておけば、税込み98,000円程で済みます。
差額にしますと、4万円も差が出ます。この4万円は消費税をのぞき不動産会社の利益(労務費)となる訳です。

ここで、入居者さんの多くが困る点が御座います。
それは、『どの業者にお願いすればいいかが分からない』という事です。
やり方や内容は理解できても誰にお願いすれば解決になるのかが分からないですよね。
ここで誰にでも出来るコツをお伝えさせて頂きます。

それは、他の部屋や他の物件で空室になる部屋を探す事です。
空室になったばかりの部屋でもOKです。
※管理会社に聞くもよし、人からの事前情報でも良し。

私の住んでいる物件では空室になる部屋はあるのでしょうか?友達がお部屋を探しているので。
みたいな感じで、理由を少し騙す形にはなりますが、空室情報を得ましょう!
※正直に、空室のお部屋の清掃や補修状況を見たいというのも有りですが、中には色々な理由で嫌がり断る不動産会社も多いです。

あとは、空室になってから、約2週間以内に清掃や補修業者がやってきますので、だれか一人でも連絡先を聞く事です。
『個人的に清掃・補修の依頼をしたいので教えて欲しい』と。
もちろん、ほとんどの業者はめんどくさがって嫌な対応をすることもあります。しかし、そこはくじけずにチャレンジしてみてください。

もう一つの方法は、不動産会社に勤める『管理の仕事』をしている友人や知人を探す事です。
管理の仕事をしている以上、必ず清掃業者や補修(メンテナンス)業者を知っています。
もちろん、知っている業者の仕事内容がいいのかどうかは分かりません。

ちなみに、誰でも知っている業者さん(大手の清掃・メンテナンス業者)は費用が高いです。
大手は、仕事を請けて、下請けに発注するだけの所が多い為、あくまでも直接作業を実施する業者を探すことが大きなポイントです!

不動産関連の仕事であったり、不動産関係の人脈を作るうえで必要な「業者さんとの繋がり」の重要性がいかに大切かという事ですね。

もしかしましたらYouTubeに『いい業者の見つけ方』もアップされているかもしれませんよ。
※私は見たことないです。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!