見逃し注意!ルーム☑項目

本日は自分の『しまった💦』と感じた経験を記事に致します。

入居者が退去し、退去後には入居者が故意で何か壊していないか、部屋の状況はどのような状態かを確認するために、ルームチェック(ルーム✅)を行います。

トイレ・お風呂・キッチン、各換気扇の状況、お部屋のクロスやベランダ、キッチンの戸棚下を開けて配管の状況確認、異臭(ペットを黙って飼っていなかったかどうか)などなど、細かくルーム☑を行うことが大切です。

その際には、入居者と立会いのもと行うことが基本ですが、最近ではモニター回線でお互いがWEBでやり取りをするケースも増えてきました。

WEBでのやり取りは、退去予定者も楽で、不動産管理会社も現場に行かなくて良い為とても効率がいいです。

しかし、今回私が経験したことは『まさか💦』の出来事でした。

答えは下記写真です。

これは、お風呂場の電気と換気扇と玄関の電気スイッチです。

なんと、浴室の電気スイッチだけ、OFFにしてもすぐに電気ONとなり、浴室の電気が消えませんでした。

たしかにお部屋のルーム✅に行った際には、ブレーカーを上げた時に浴室だけが電気がすぐについていました。

きっと退去者がONにしたままだったのだろうと、さほど気にしていませんでした。
現に、どこかの電気スイッチをONにしたままブレーカーを落として退室する入居者は多い為、
賃貸・管理のスタッフも気づきにくいのがスイッチの故障です。

WEBであれば、特に見落としガチな電気スイッチ(換気扇も注意ください)
築年数が古くなれば、スイッチも経年劣化により故障したり、破損したりもします。

私は初めてスイッチの故障を経験しました。(20年目で初めてです)
まだまだ経験していない出来事は起きるんだな~と考えさせられました。

皆さんも、電気(換気扇)のスイッチが正常かどうかも確認する事をお忘れなくお気を付けくださいね!

ちなみに、電気スイッチの交換費用は上記写真のように分解しスイッチ部分だけを交換して、
約5,000円(工賃2,500円、スイッチ設備800円、残りは業者の利益分)程となります。
※配線がダメになった場合には、プラス2万円以上もかかります。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!