お部屋の原状回復作業員が不足している

最近の不動産会社のトレンドといたしましては、
『退去後の部屋の原状回復作業を頼める会社が減っている』
という事です。

元々は、ほとんどの地域で退去後の原状回復作業をしてくれる会社、作業員が豊富でした。
清掃業に位置する仕事の為、清掃業者が請けることが多いのですが、
最近ではこの作業員が不足しているという問題がおきています。

これにはいくつかの原因があります。

まず、一つ目は
『不動産会社が自ら清掃業を営み始めた』
という事です。

ある程度(管理戸数2,000部屋以上)の物件を管理できる状態となった不動産会社の中には、
清掃業も自社でする仕組みに変えてきた経緯があります。

自社の管理物件を自社で清掃・原状回復作業を行う為、
清掃業一本で営んできた清掃会社にとっては業務の衰退となります。

二つ目は、
夏は暑くて、冬は寒い中で行う清掃業の給料や時給が見合わないという業界の問題から
作業員の不足となっていることです。

地方の作業員の時給は800円~1,200円程。
スキルを持った清掃作業員の時給は1,500円~2,000円程です。

スキルがある作業員は重宝されているため、そのまま続けてくれるケースが多いですが、
一般の作業員は離職が多いです。

コンビニのバイトや他の辛くない作業でも同じくらいの時給が貰えるからです。

さて、
自社で清掃業を持っていない管理会社にとっては、
毎月の定期清掃に退去後の部屋の原状回復作業員不足は深刻です。

今まで請けてくれていた値段では、作業員不足や人件費増額をしなければ人が作業をしてくれない為、
相場価格は上昇しています。

おそらく、
1K(1R)くらいで、一回の原状回復作業費は約4万円、
2DK・3DKでは、約8万円
このくらいが相場価格だとは思いますが、元々は上記金額よりも1万円程安かったです。

清掃や原状回復作業はとても重要な不動産事業の一部であることは間違いありません。

これからの物件オーナー(大家)は、清掃費・原状回復費の値上がりも受け入れる心構えを持つことが大切でしょう。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!