フリーレント(無料貸出期間)

先日、私が所有している物件の1階空き部屋(3部屋空き部屋)について、
不動産管理会社より、
「1階の空き部屋の一つ、申し込みを頂きました」
という吉報が入りました。

やはり、というべきなのか、
「大家さん、6月はまるまる一カ月のフリーレントを使用させて頂きます。」
という内容に加え、
広告料は2カ月分頂きたい」という条件です。

この時期は賃貸の閑散期(入居希望者が少ない期間)に加え、
新型コロナウイルスの影響で転勤・移動の制限もあり、厳しい状況です。

数カ月空室でストレスを感じるよりも、フリーレント(無料貸出期間)を付けて、
管理会社にもきちんと報酬も支払って頑張ってもらうことが賢明です。

少し話が変わりますが、
「管理会社に支払う管理手数料がもったいないから管理会社は入れない」
という大家さんもたまにおります。

よっぽどのいい物件であれば、
入居紹介(成約)をしてくれた不動産会社にお礼金を家賃×1~2カ月渡せばよいかと思います。
しかし、今は閑散期に加えて不景気です。

管理会社は自社が管理している物件を必ず優先して客付け(入居者契約)を獲得しようとやっけになっています。
管理料をケチる価値のある物件は稀です。

また管理会社不在であれば、入居者のクレーム対応・入金業務を全て大家さんが行うという労務も加わりますので、管理料がもったいないという発想は捨てる事です。

今、空室が目立つ物件の特徴の一つとしては、
「管理会社がいない物件」もあげられますよ。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
370記事以上の【現代社会問題や時事ニュース】を
不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!