草刈り作業も奥が深い

私の信頼している清掃業者さんは、草刈りも引き受けてくれます。

先日、私と仲良くさせて頂いている地主さんより、

『空き地の草が伸びているから草刈りをお願いしたい』というご依頼がありました。

私は早速、清掃業者に電話しました。

『⚫️⚫️さん、草刈りをお願いしたいのですが』

業者さんには快く引き受けて頂きました。

この清掃業者さんは、清掃に限らず軽微な修理や作業は大抵引き受けて頂けます。

数日後に、清掃業者さんより連絡が入ります。

『このお土地はなぜ除草剤をまかないのですか?』

『農地として活用する予定があるのですか?』

業者さん曰く、

『草刈り後に除草剤を撒くと、草の伸び方が緩やかになり、2年もしないうちに草刈り作業は減るため、地主さんもコストが下がりますよ』

というのです。

確かに、自宅の敷地が広いお客様でいつもお庭が綺麗に保たれている方がいます。

聞けば、

『草刈りは年に2回、除草剤は年に3回撒いている』とのこと。

草刈りは草が50㎝以上伸びている状態では、草刈り機械で草刈りをする必要があります。

また、伸びている草刈りには通常の草刈り機や草刈り専用のトラクターを使用するため、草刈り費用(コスト)が高くなります。

反対に30㎝以下くらいで除草剤を撒いたり、草刈りを行う作業は、通常よりも作業がしやすいため費用が安価になりやすいそうです。

草が伸びたから草刈りを依頼するよりも、草が伸びないようなご依頼のほうが3年間のコストで比べるとお安くなるそうです。

(例)

毎年草刈り費用が20万円(草刈り2回)かかっている状態

1~2年は除草剤を年3回、草刈りを年2回行うと今までと変わらない金額(逆に言うと、除草剤を撒いても変わらない金額で出来るのは凄いですね💦)

3年目は草刈り2回に除草剤も2回となり、費用は1割程は安くて、一年を通じて草が伸びていて見苦しいという状態がなくなるそうです。

ここで疑問に思うことは、そもそもなぜ草刈り年2回は以前と変わらないのに、除草剤を撒いても費用は変わらなくできるのでしょうか?

カラクリは、簡単でした!

最初の草刈りをした後に除草剤を撒いておくと、草の伸びが以前より緩やかになるため、次回2回目の草刈り時間が3割も削減できるそうです。

業者さんの費用見積りは、作業にかかる時間と作業に必要な人手、作業に必要な工具や備品、交通費が含まれます。

当然、作業人数が減り、作業時間が減れば見積り額は安くなります。

草刈り一つとっても勉強になるな~と思った出来事でした。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!