定期清掃費用の基準価格

大家さんは、

『定期清掃費用って毎月どのくらい必要?』

という素朴な疑問をお持ちの方や、

そもそも、どういう計算で清掃費用は決められるのか?

という基準を知らずに業者にお願いしているケースがあるかと思います。

では、早速解説させて頂きます。

※東京・大阪・名古屋・京都・神戸・広島・福岡は解説の金額より
20%~30%多額になるケースが多いです。(人件費の問題です)

~定期清掃費用の基準の考え方~

まず、建物の大きさ(世帯数等)によっても費用は異なります。

単純に、
清掃人数(2名)×時給(地方で1,200円~1,500円)×清掃時間
が最低必要人件費となります。

さらに、
雑巾・汚れ落としの薬剤などの雑費も経費に算入されます。
そして、交通費も必要経費に算入されます。

(例)
例えば、
18世帯の3階建て物件であれば、

清掃員(2名)×1,500円×3時間+雑費2,000円+交通費1,500円×消費税10%=13,750円

毎月の清掃費用は13,750円くらいが妥当だとなります。

単純に、世帯数が倍の36世帯くらいの建物であれば、
2倍の27,000円くらいが妥当だとなります。

この単価よりも私の物件は安い金額で清掃してくれているよ、
という大家さんの物件は、
『本当に住んでいる人目線で清掃が出来ているのか』
自信は御座いますか?

費用を削ると、
作業をする側は、作業内容や作業時間を削ることになります。

ようは、手抜き清掃が増えます。

ここで、注意点としましては、
上記の計算は小規模な清掃業者での費用計算です。

大きな中堅的清掃会社ですと、
上記計算に20%~30%を乗じて、利益を乗せます。

17,350円×120%=20,500円くらいの清掃代となります。

私が思うに、
清掃業者は、
『小規模で細かく作業をしてくれる人』
に、直接依頼するか、
良い清掃業者さんの噂を聞いたら、
その清掃業者さんの現場を確認し、
良ければ、仲良い関係を築くこと!

だと思います。

これには私も苦労しました。

中々出会えそうで出会えなかったのですが、
数年前から良き小規模清掃業者さんと巡り合えました。

清掃って、真面目にしていると儲かりにくいんですよ。

と、言っていた良き清掃業者さん。

本当に頭が下がります。

いつもありがとうございます。

明日は、
『物件の清掃状況を毎月確認する簡単な方法』
を書かせて頂きます。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!