不動産経営者の頭の中

今回は、とてもユニークに、
『不動産会社を経営している人の頭の中』
を暴露したいと思います。

全ての経営者に当てはまっているかは分かりませんが、
おそらく、経営者のうち、
10人中7人くらいは当てはまっているだろうと思います。

まず、不動産会社の経営者は、
『お金と時間』の意識がとても強いです。

この案件を成立させ、
得られる利益と費やす時間や労力は割に合うかどうか

という事を常日頃考えるクセが強いと思います。

この癖が強い人は、
プライベートでも、
『この人と交友する時間はメリットがあるだろうか』
というビジネス目線も含めた人間関係を構築する癖も強いです。

次に、
楽してお金儲けをする、
しかも、『楽して毎月お金が入ってくる仕組みを作る』
という意識が半端なく強いです。

私もこの意識は持っていますが、
本当に根っからの不動産経営者の人達は、
想像を絶するほど、この仕組みに対する意識が強いです。

例えば、
不動産を所有して、毎月の賃料を得るのも一つ、
人の不動産を安く借り上げて、第三者に貸出し、
毎月賃貸利益を得続ける仕組みを作る。

中には、
余裕が出来た資金を『事業に投資』をし、
株主としての権利を保有し、
毎月、毎年の配当金を貰い、
売り時をみて、自分の株を売却し売却益を得る。

まとめます。

不動産会社の経営者の頭の中

1,『お金と時間』に対する意識が強い

2,『お金が入る仕組み』を作ることにこだわる

3,不動産の所有、賃貸経営、事業投資の3つに集中している

4,上記、1~3を成すための従業員・関係者作りを目指している

 
これが、
私が見て来た不動産経営者の本音ではないかな、
と思います。
これがいい、悪いではありません。
現実がこうだという事です。
もしも、
『自分が経営者であったなら、こういう考えでする』
といった、別の道をお考えの人がおりましたら、
ぜひ、その意識で『独立』をされるか、

とても大変ですが、
会社の風土・考え方自体を変えれる存在を目指してください。

ほとんどの人や、書籍では、
『人は変えられない、せめて自分だけは変えられる』
とか、
『会社を変えようとしても無駄だ』
という言葉のほうが多いと思います。
正直、
私も、そう思う事のほうが多いです。
しかし、
私は、会ったこともない人の本に書いてある事や、
誰でも目指せる事を当たり前のように偉そうに言う大人が嫌いです。
(正確には、嫌いな時もあります)

そうであれば、
困難でも、

『自分のたった一度の人生を賭ける価値がある事』
を目的とし、
行動していく人のほうが魅力的で、価値を感じます。
『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!