年末の業務は大変です

昨年、一昨年については、
『ある程度余裕を持ったスケジュール』
での12月を迎えました。

今回は、
通常通りの要領がいいスケジューリングだけでは手に負えなくなりました。

『新型コロナ不景気の影響による業務の増加』

が目立ちます。

不動産業において、昨年より増えた業務は、

1、家賃滞納をしている入居者への対応

2、物件の安全確認(例年よりスタートが遅かった為、大変です)

3、各業者さんとの年末と年明けの業務打ち合わせ

4、大家さんに対する相談業務

何が大変増えたかと言いますと、

家賃滞納者の数が圧倒的に増えました。

法的な対応の手前での確認作業(お家賃はらえますか?ってことです)

建物や物件清掃状況・修理修繕状況の確認も増加、

なのに、人で不足。

仕事が厳しいと判断した職人は
都会や県外にも遠征しているため、
段取りがすんなりいきません。

業者さんも大変そうです。

配管業者に設備業者、
しかも、宮崎のモニター付きインターフォンを製造管理している工場が
大火事に合い、壊れた入居者の部屋のインターフォンも直してあげられていない。

これらにより、
大家さんの不安は増加中、

入居者はコロナや不景気の影響により中々決まらない。

大家さんの収入はこれからある程度は下がるでしょう。
(私も家賃収入が下がっています。涙)

ここで気を付けないといけないのが、

『優先順位』です!

自分以外に依頼する事は、明確に早めに依頼しましょう。

そして、緊急性と重要性が無い事は、一旦後回しにしましょう!

緊急性は、なるべく早めに対処しましょう!

重要性は、緊急性の次にとりかかりましょう!

なるべく、少しでも大きく深呼吸と少しでも歩きましょう!

ストレスと心の余裕のなさがトランブルに原因です。
(私も12月はトラブルが増えました。とほほ)

 
『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
【現代社会問題や時事ニュース】

不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!