売買契約は厳しくなりました

昨今の売買契約には、

『契約不適合』『建物診断(1年以内の調査結果)』という項目が加わりました。

契約不適合とは、
簡単に言いますと、
『買った人(会社)』が、
購入する目的を達成できなくなる事を指します。

例えば、
『中古自宅を購入したが、シロアリで柱は腐っており、倒壊寸前だった』

というように、
買う目的は『住むこと』であり、その目的が叶わなくなることが、
契約不適合となります。

建物診断(1年以内の調査結果)については、
おそらく長年の中古住宅や共同住宅での売買トラブルが原因です。

買った後に、問題がたくさん出てくる!
こんなに問題が起きるのであれば買わなきゃよかった、
という問題が昔から多かった為、買主保護で増えた項目です。

買った後に、
『配管が腐っていて、多額の出費が増えた』
とか、
『建物が傾いていた』
他にも、『シロアリによる被害が異常なほど存在していた』
というのもあり得ます。

不動産業者には、
『重要な告知事項・説明事項』を漏らさず買主へ説明する絶対義務があります。

今後は、
『建物診断』を行わなければ銀行が融資をしてくれない、
ですとか、
『契約不適合』の際には、売主は大きな責任を負い、
万が一、不動産業者も知っていて隠していたのなら
『業務過失』として、業務停止や損害賠償の可能性も有ります。

なんとかなるだろう、では済まなくする内容なため、
今後は、詐欺や手抜き契約は益々減るでしょう。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
【現代社会問題や時事ニュース】不動産屋の視点より記載しています。

全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!