大家さん、今こそ賃貸会社に℡・訪問をしましょう!

この11月末という時期から12月初旬が、
『賃貸営業マンの年内最後の集客時期』
となります。

つまり、
年末のご挨拶では、不動産屋の営業マンの心は掴めません!

年末ではなく、12月月初までに、お世話になっている不動産管理会社に
ご挨拶を済ませておきましょう!

ご挨拶の際に重要な打ち合わせ内容としましては、

①今年、不動産管理会社にお世話になったことのお礼
②具体的に、誰によくお世話になったかを事前確認を行い、
個別にお礼
③今の所有不動産の課題を改めて共有する
④不動産管理会社や賃貸の営業マンが、
『この人の物件なら必ず満室にしたい』
と思っていただけるように会話をする。

上記4点を、3カ月に1度のペースぐらいで出来ている大家さんは少ないです。
しかし、上手に管理会社さんの力をお借りし、不動産運営を行えている大家さんはほとんどが実施しています。

コロナの影響により、電話で要件を済ませる人も多いと思います。

しかし、電話1本で簡単に済ませてはいけません。
そんな大家さんは何十万人といますが、
狙いは、
『感謝の気持ちをお伝えし、今後も良い物件運営をする協力を頂く事』
です。

よって、電話1本で済ませるのではなく、
『感謝の手紙やちょっとした贈り物』
を郵送しましょう!

私自身も、自分の物件を管理してくださっている不動産会社の社員さんには、
小まめにコミュニケーションやお礼を行っています。

店長クラス以上が、
『〇〇さんの物件は空いてもすぐに決めて見せます!』
と言ってくださったなら50点くらいです。

残りの50点は、現場の人達の心を掴めるかどうかです。

さあ、本日も楽しく不動産経営をしていきましょう!

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
370記事以上の【現代社会問題や時事ニュース】
不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!