新人のほうが優秀である

最近、別会社の新人賃貸営業マンが入社し、色々と話を聞く機会がありました。

その新人さんの意見はとても面白くて、私自身としましても、
『おっしゃる通り!』
と感銘を受けましたので、記事にさせて頂く事にしました。

まず、その新人さんが毎日疑問に思っている事を書き出します。

疑問①
『なぜ、初対面の来店客に対して、始めから細かい事を聞くのだろう。』

疑問②
『会話やメールでのやり取りで、なぜ長文で送るのだろう。』

疑問③
なぜ、厳しい上司や経営陣が社内にいる日は、みんなギスギスしているのだろう。』

疑問④
どうして、二度手間・三度手間の事を誰も改善しないのだろう。

疑問⑤
『どうして、そんなに人を管理したがるんだろう。』

疑問⑥
『なぜデリカシーの無い言葉を平気で人に言えるのだろう。』

私がこのお話を新人さんから聞いたときに、
この疑問は、
『私も昔新人だったころに思っていた事だな~
と思い出しました。

私は、その新人さんに一つだけお願いをしました。

『その疑問に思う感覚を絶対に忘れないで、疑問に思い続けてほしい』

人は、長年の経験や実績をある程度積んでくると、
新人だったころの素朴な疑問や初心を忘れてしまう生き物です。

また別の会で、とある先輩はこうおっしゃっていました。

生まれてから、小学校低学年までに学んだことだけを守り続ければ、ある程度の事は上手くいく、そして人間関係も充実する』

私もこの言葉には同感しました。

当たり前のことを当たり前にできる大人が減ってきている今、
『ありがとう、おはよう、いただきます、ご馳走様でした』
など、当たり前の礼儀を欠いている大人が増えている気がします。

また、
『弱い者いじめをしない、悲しんでいる人がいたら声をかける』
と言った、優しい心を忘れてしまう大人も多い気がします。

大人よりも子供のほうが優秀であり、
ベテランよりも新人が優秀である事は大いにあると思います。

私達大人が子供と比べて違う大きな違いは一つだけです。

それは、
『私達は、子供を経験して大人になった』
という事です。

子供を経験してきたのに、子供の素晴らしさ、子供心を忘れるなんて。

本日は、私も日々の行動や言動を見直し、
誠実に、素直に生きるという事を改めて見直したいと思います。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
370記事以上の【現代社会問題や時事ニュース】
不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!