この世は『弱肉強食』

分かってはいますが、しょせんこの世は弱肉強食なのだろう。
ウイルスの蔓延により人々の不安を増幅させ、恐怖心を植え込む。
さらに経済的に追い込み、心を折る。

日本国内において言えばなぜ国民給付金を10万円ではなく、一人100万円を配れないのだろう。
理屈は分かる。
約12兆円かかる予算が10倍の120兆円必要となり、今後において税金での国民負担が大きくなるからだと言う。
また、過度な借金は国力低下を招く可能性があるという理屈も分かる。
しかし、これらは『建前』であり、『本音』ではないだろう。

そもそも日本国の借金は『1200兆円』あると言われている。
この借金が1300、1400兆円と増えたからと言って何が危険なのだろう。
しかも、この借金のカラクリは、本当の借金ではない事だ。

借金とは返済義務があるお金である。
しかし、日本の借金として計上されている金額の半分は返さなくても良いお金である。
借金の半分は日本政府自体が日本銀行から借り入れて、政策やアメリカへの賄賂、各国への賄賂、政治家自身の財を築くためのお金である。
なぜ普通に暮らしている多くの日本人が政府の借金を背負わなければいけないのか。

私の理論がおかしいのかどうかは、政府が『借金の明細』を『鮮明に』国民に提示すれば一目瞭然だろう。
👉速報!!労働者の皆さんに休業手当・休業支援金・給付金の支給開始~

ただ、実際には難しいのも分かる。
国家権力の名のもとに国は国の機能を優先させ、普通の暮らしをする日本人に対しては自己責任として放置するだろう。

政府の言い訳としては、『日本では最悪の事態に備えて生活保護受給という制度がある』と言うだろう。
普通に働けて普通に暮らせる健康な体があるのに関わらずだ。

仮に、低所得でも普通に細々と生活をしたとしても、次にくる試練は『親の介護や家族の病気』などの健康問題だろう。
そして、不安定な老後問題。

不安が膨らめば膨らむほど『ベーシックインカム制度』の良さが際立つ。
👉ベーシックインカム制度(毎月貰える給付金)

しかし、このベーシックインカム制度自体も国や世界を牛耳る支配者クラスの陰謀かもしれない。国民を管理、活用しやすい仕組みになるからだ。

悔しいが、私はこのサイトを通じて記事にすることでしか発散できていない。
弱者の極みかもしれない。
しかし、それでも今日も明日も、私は考えながら働いて、懸命に目の前のやるべきことと、やりたいことに挑み続けるしかないのだろう。


『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、300記事以上の
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!