家賃収入補償特約と家主費用補償特約を契約しよう!

火災や水害などの『災害』の発生により家賃収入が減少してしまうと賃貸経営においては多大なリスクとなります。

賃貸経営においては、『災害』による原因によって通常通りの家賃収入を頂けなる事も想定して『火災保険契約』を行わなければいけません。

『家賃収入補償特約』とは、火災保険の主契約で補償される損害が発生したことにより得られなくなった『家賃収入』の損失を補償する特約です。

『火災保険の主契約』とは、火災、水災、落雷、風災、破裂爆発、雪災、雹災や建物外部からの物体の落下、飛来、衝突、盗難、給排水設備の不備による水漏れ、破損、汚損等を指します。

特に昨今では大雨や台風による『水害』が多発しているため、賃貸物件を所有している大家や賃貸物件オーナーにとっては必ず加入した方がいい保険だと思います。

また、災害だけではなく『孤独死や自殺』の発生に伴う家賃収入減少も深刻な問題です。

所有しているため賃貸物件から『孤独死、自殺』が発生した場合には、『家賃収入補償特約』だけでは補償されません。

よって、別途『家主費用補償特約』もオプションで契約する必要があります。

この『家主費用補償特約』は、孤独死や自殺による家賃収入補償だけではなく『清掃、消毒、脱臭、遺品整理費用』も補償されます。

賃貸物件においては、『高齢化社会』と『不況による孤独死と自殺』のリスクを想定した保険契約をしておく必要があります。

※本サイトは『現代社会問題や時事ニュース』をもとに『生活、お金、メンタル』にとってお役に立つよう心を込めて記事にしております。よろしければ、下記の『不動産ランキング』をクリック頂き、また本サイトでの『読者登録』をして頂けたら幸いです。登録及び記事は全て無料となりますのでご安心ください。

≪関連記事≫👉明日から使える普通に1日に1万円を稼ぎ出した手法

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!