休業支援金・給付金の受付が始まりました!

7月10日より給付金の申請がスタートしました。
具体的には、新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金 (休業手当)を受けることができなかった方に対して、労働者自らの申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・ 給付金を支給する政策です。

名称は「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金
休業日数に応じ休業前の賃金の80%を受け取る。週20時間未満の短時間労働者にも同じ条件で支給される。
労働者による直接申請のほか、企業がまとめて申し込むこともできます。

「郵送での受け付けが始まり、オンライン申請は調整中になります。」
※中小企業で働く人が直接申請出来ます!

休業しているのに休業手当を受けていない方への給付金です!

対象者は、令和2年4月1日から9月30日までに新型コロナで休業中の賃金が支給されなかった中小企業の雇用保険の被保険者である。雇用保険の被保険者でない従業員には、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金に準じた特別の給付金が(予算の範囲内で)支給される。

正社員に限らず、パート、アルバイトなどいわゆる非正社員に対しても支給されます。

支給日数は、休業期間から、勤務した日や育児休業等の休業ではない日を除いた日数。1日4時間未満勤務したときは、半日として算定します。

支給日額と上限額は、休業前の6ヶ月のうち、いずれか3ヶ月に支給された賃金総額を90で割って算出された額(賃金日額)の80%。賃金日額の上限は11,000円。

副業している場合などは、副業で2か所以上の勤務先で勤務している場合等の賃金日額が算定できないときには別途、職業安定局長が定めます。

申請方法は郵送 によるかオンライン申請(準備中)の2つです。
※労働者本人からの申請も可能です。事業主を通じて申請することも可能ですが、『事業者(雇用主)が、申請書類に記入をしてくれない!労災に加入していない場合は、事業者の記載欄を空欄で提出しても構いません。事業主へは行政が対応します。』

『必要書類』
申請書、支給要件確認書 、本人確認書類、口座確認書類、休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるもの、事業主の指示による休業であること等の事実を確認するもの、事業主及び労働者それぞれが記入の上、署名。
以上の5点が必要書類となります。

事業主の協力を得られない場合は、事業主記入欄が空欄でも受付可能です。
※労働局から事業主に報告を求める事になります。

労働者とって補償なき休業要請、補償なき休業問題に一定の解決策

これまでは企業、雇用主にしか申請権限がない雇用調整助成金の仕組みのみでの休業補償でした。その雇用調整助成金も申請、活用を促す対策が厚労省によって実行されてきたが、未だ休業手当が支給されない労働者からの相談は続いている。

企業には雇用調整助成金を活用することで、休業させている従業員へ休業手当を支給し、雇用を守るように促してきた。これについては、今後も企業が雇用調整助成金を申請しないことがないように監視が必要です。

現実には申請書類の整備の必要性、日常からの従業員の労務管理の不足などから、企業側が申請を怠る事例がある。

つまり、企業が雇用調整助成金を申請すれば、全ての労働者に休業手当が行き渡るのだが、その申請をしない企業が多くある。

今回はこの雇用調整助成金の活用を怠った企業で働く労働者にも、自分から申請すれば、休業給付金が受けられるように制度創設されました。
いい加減な事業主や経営者も存在します。労災に加入義務があるのにも関わらず加入を怠っていた事業主には行政処分もあり得ます。(労働基準法違反)
懸命に働いている従業員の皆様は、臆せずに申請をされてください。

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特設ホームページもご確認ください。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、300記事以上の
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!