コロナで気づいたことランキング

5月30日の日経情報による『コロナによる在宅で見つめ直した日常』をもとに、1000人の回答をランキング形式で記事に致します。

☆コロナによる在宅(自宅自粛)により気づいたこと

1位:お金がかからない
『外食』と『交通費』が減るだけでも、かなり支出が減ったという回答が多いようです。
『外食費が減っただけで、月3万円以上も違う』(56歳男性)

2位:自宅に不用品が多い
家族全員が家の中で1日過ごすと困るのが、互いの生活スペース確保に困るそうです。
あふれる物が必要かどうかを見直すいい機会となった模様。
『子供の幼い頃の洋服がたくさんある。捨てるかどうか迷う』(52歳女性)思い出を見返すのにもいい機会であったかもしれませんね。

3位:太った(食生活の見直し必要と気づかされた)
巣ごもり生活では、他人の目に触れる機会が少なく、体形への注意が緩みがちという声も多い。
『手軽な炭水化物の昼食ばかりで、糖質を摂りすぎた』(34歳女性)
単に食生活だけのせいではなく、『コロナによるストレス』も食事やお酒の過剰摂取の要因である(医者の見解)

4位:リスクマネジメント能力
『夫が手洗いと消毒に意外と真面目だと知った』(67歳女性)

5位:一緒の食事の楽しさ
家族や恋人と過ごす日が増えたため、そばにいてくれる人への感謝の気持ちが改めて芽生えた人も多いようです。
『家族みんなで食事をしたのは、数年ぶり。コロナがなければ一生なかったかもしれない』(32歳女性)

6位:衛星に気を配り、風邪をひかない
『コロナ対策として、マスク着用や手洗い・消毒をマメに行っているため、気づけば誰も風邪を引かなくなった。』(45歳女性)

7位:レトルトや保存食が美味しい
『3食自炊だと大変、レトルトや保存食の種類の多さに驚いた。レトルトの食品は、味もとても美味しいことを初めて知った。』(57歳男性)

☆コロナによる在宅(自宅自粛)により『挑戦した事』

1位:家財の断捨離・掃除
外出自粛を機に、家の物を捨てる(断捨離)ことと、大掃除を行った人が多いようです。
『売れるものはフリマアプリに出品した』(42歳男性)

2位:家の中でできる運動
『コロナ太り』や体力維持を目的に家の中で運動を始めた人が多いようです。
『在宅勤務をきっかけにオンラインヨガを始めた』(29歳女性)「筋トレやストレッチの無料動画を見て運動した」(53歳女性)

3位:録画や本など、眠っていたコンテンツの消費
データで保存されたままの状態で、気づけば膨大な量になっているのが録画コンテンツです。
『100本以上の録画が手つかず』(70歳男性)
『買ったけど、全部読み切っていない本がゆっくり読めた』(67歳男性)

4位:動画配信サービスの利用
スマホやパソコンから気軽に契約できる動画コンテンツ。
『海外ドラマシリーズやネット動画専用のオリジナル映画やドラマにはまっている。コロナがなければこんなにゆっくり見れていない』(49歳女性)

5位:飲食店のテイクアウト
『色んなお店がテイクアウトを始めてくれたおかげで、いろんなバリエーションを味わえた』(23歳女性)

6位:キャリアアップに向けた勉強
『コロナの影響が学びの原動力になった。人生や現職を見つめ直し、チャレンジしたい仕事に必要な資格の勉強に取り組んだ』(35歳男性)

7位:お菓子作りや料理・手芸
家族のマスクを全部手作りで作ってみた。意外と大変だったけど、夢中で作業に取り組めた』(42歳女性)
『今まで作ったことがないお菓子作りをしてみた。楽しかった』(36歳女性)

以上になります。
自分にあてはまることもありました。
経験したことのない災難では、見方を変えれば楽しい事もありそうですね。

【関連する記事】
コロナの影響から学ぶこと
親孝行は生きているうちに

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!