現金給付金(生活支援臨時給付金)10万円 一律支給がベスト!

現金給付金一律10万円で確定する見込みです。(26日現在)
所得制限も職業選別もしないで給付することに意味がある。
≪現金給付・特別低額給付金のご案内は👉コチラ 総務省ページより

まず、細かい制限を設けずに「住民基本台帳」をベースに現金10万円を速やかに給付することに意味があると思います。
制限や選別を行うと、それだけ給付の実施に時間がかかる可能性が高い。
制限を決める事に時間が費やされ、また、その制限を管理する人や仕組みが必要になります。

今回の現金一律10万円の給付は「速やかな給付を実行すること」に意味があります。今この瞬間にも生活や支払いなどで頭を抱えている方は多い。
政府・財務省には早期行動を求めたいです。

公務員は対象から外すとか、生活保護受給者は外す、お金持ちには配るな、など様々なご意見もあるかと思いますが、そのご意見を制度化するには時間と労力が費やされ、結局必要な時に給付されないケースが出てきます。

一律10万円を速やかに給付して頂き、お金に余裕がある方は慈善協力として「寄付金」を行えば済むことです。
各都道府県出身の芸能人などの著名人に協力してもらい「●●県の寄付金制度」として、各都道府県の自治体に任せれば済みます。
寄付することにステータスや喜びを感じる有名人や経済人は多いと思います。

そもそも、ロックダウン(都市封鎖)を強制的に行わずに、協力してくださいというお願いベースで緊急事態宣言をしたということは、「日本人の和の心に期待と希望を託した」という事です。
であれば、給付金も期待と希望を託して速やかに10万円を入金すればいいと思います。
お店や会社を経営されている方は、各都道府県により支給される「自粛協力金」や持続化給付金(最大200万円支給)、雇用調整助金などの概要も確認されてみてください。

本サイト(本音で語る不動産やさん)は、250項目以上の記事を載せています。
記事の内容はお金や保険、投資(不動産・株・FX・太陽光)、実務的な内容やメンタルの管理の仕方まで様々です。
全て無料にて閲覧頂けますので、よろしければ本サイトの『読者登録』をしてもらえると嬉しいです。
また、本サイトの記事をご参考にして頂き、少しでも皆様の生活や仕事が豊かになって頂けますと尚嬉しいです。^^

《関連記事》※記事をクリックしてご確認ください
👉持続化給付金の概要(最大200万円はどうすれば支給されるか)
👉雇用調整助成金の概要
👉休業に伴う協力金の支給

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!