生活支援臨時給付金(コロナ給付金)

※この案は取りやめとなり、1人一律10万円給付に決定となりました!※


現金給付30万円(生活支援臨時給付金・コロナ給付金の概要がまとまってきました。
ただ、どうしても要件が厳しいと思います。
下記の要件は全国一律の要件となる予定だそうです。

【生活支援臨時給付金の要件】
●対象者
サラリーマン・アルバイト・個人事業主・経営者・フリーランスなど
●対象外の人
公務員・大企業に勤務されている方は一般的には対象外。
生活保護受給者・年金生活者も対象外
●条件
①収入が減少した世帯に対して最大で30万円の給付金
世帯主の月収入(2月~6月の任意月)住民税非課税水準となる低所得世帯。
月収が大幅に減少(半分以下)し、かつ年間ベースに引き直すと住民税非課税水準の2倍以下の世帯
●注意点
配偶者や子供の収入が減っても対象にはならない。
※あくまで世帯主の要件のみ。
②個人事業主は、所得(売上から必要経費を引いた金額)で月額2.9万円以下が対象となる。
③受給方法は振込による給付となる予定。
④夫婦共働きでは、世帯として1回のみの受給しかできない。
●申請方法(予定)
お住まいの市区町村での窓口も開設するが、基本はオンライン申請となる。

世帯と言っても、家族の人数がそれぞれ違いますよね。

例えば、4人家族であれば、
世帯主は10万円以下が住民税非課税水準
扶養は一人につき、5万円を加算する。
10万×(5万×3人扶養)=25万以下(月額収入)であれば給付の対象です。

年間ベースの計算でも金額がことなりますが、いずれにしましても後日、お住まいの市区町村にて詳細はご確認ください。
※今は役場の方も理解できていない方も多いため、優しくお問い合わせください。

≪関連記事≫~最新情報~
👉30万円 給付の要件(住民税非課税水準って?)
👉最新情報!速報:持続化給付金(200万・100万)の概要は?



不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!