コロナ犠牲者 入院保険と死亡保険

新型コロナウイルス感染拡大が益々悪化している中、我々はいろいろな不安を抱いている。
そのうち、大きな不安は3つ!

1、命・健康についての不安
2、生活・経済面での不安
3、いつまで続くか分からない不安

その中で、入院した時の入院保険や万が一に自分が死亡した際の死亡保険金が気になる方も多いのではないだろうか。

明治安田生命は災害時の犠牲になった際に、契約者が受け取れる保険金を増やす特約を結んでいる保険契約者には、通常受け取れる保険金の2倍を支払う意向を発表した。
新型コロナは「災害」と位置付けたのだ!

今後、多くの生命保険会社に同制度が広まる可能性が高いだろう。

自分が新型コロナに感染したら入院保険や死亡保険は受け取れるのかという不安を抱えている方は、契約保険会社に「災害時の保険特約」が追加で加入されているかどうかを確認するといいです。
ちなみに、この災害時の特約を付ける月々の支払う追加保険料は、受け取れる生命保険金を1,000万円とした場合、200~400円(月額)程度となるそうです。
また、明治安田生命の制度のような恩恵が受けられるかどうかも確認が必要です。

≪関連記事≫
👉保険会社 貸出金利ゼロ%で現金を貸し出し
👉30万円の現金給付要件を分かりやすく説明

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!