コロナ経済支援 観光代金の補助

政府はコロナ終息後を「V字回復フェーズ」と位置づけ、景気浮揚にも目配り。

外出自粛要請などで打撃を受ける観光・運輸、飲食などの分野を重点的に支援する。

官民一体型の消費喚起策として期間限定の「Go To キャンペーン」を実施。

国内観光ツアーの購入者に旅行代金を補助したり、観光施設などで使えるクーポン券を配ったりする。

飲食店の来店客や食事券を購入した人、イベント等のチケットを購入した人にも補助を出す。

文化芸術やスポーツの活動再開に向けては、官民で情報発信や海外向け広報を強化する。

地域活性化では日本政策投資銀行(DBJ)の投資機能を生かす。

成長産業には負債ではなく資本とみなせる資金を投じ、財務基盤を安定させつつ、企業が前向きな投資に向かいやすい環境を整える。

地域経済活性化支援機構(REVIC)なども地域の中堅・中小企業の経営支援を進める。

コロナ終息後は、地域活性化で自治体の役割が増す。

財政負担が増える自治体のために1兆円を投じて臨時交付金を創設する。

≪関連記事≫
現金給付30万円・持続化給付金100万円・200万円
速報!固定資産税を減免
住民税非課税世帯に30万円の給付
フリーランスの国民健康保険料を減免
家族世帯へ朗報!児童手当も給付
雇用主へ雇用調整助成金 支給を拡大



不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!