児童手当も給付(1万円加算)

政府の経済財政・再生相は国民への一律に一人×10万円の現金給付金と併せ、
子どもがいる世帯への児童手当も通常手当てに加え、1万円を加算する措置を示した。≪現金給付・持続化給付金のお知らせ👉詳細の記事≫

児童手当を臨時拡充し、生活資金がかかる子育て世帯の支援を厚くする考えだ。
0~3歳未満の子どもがいる世帯に1人月額15,000円、3歳から中学生までの子どもがいる世帯に1人月額1万円~15,000円を支給している。

対策では次の支給月である6月に、今の支給額に加えて子ども1人あたり1万円を加算した金額を臨時給付する。
加算は6月の1回に限る方向で検討中だ。

(例)
子供が2人(0歳~中学生)の場合は、1万×2名=2万円が、6月の給付に1度のみ加算される。

夫婦2人と子供2人で年収が960万円以上の世帯には通常で子供1人あたり5,000円の特別給付をしているが、今回の特例加算給付は対象外とされる。

明日7日の政府発表で詳細が決まるのだろう。
住民票上の市区町村(役所)にある子育て支援課へ詳細はご確認ください。
≪関連記事≫👉国民健康保険料が減免・免除される



不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!