コロナ治療薬 実用化急ぐ

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

「治療の効果は明らかだ!」

17日、富士フイルムのグループ会社である
富士フイルム化学が開発した【アビガン】について
新型コロナ治療の臨床研究で有効性を確認したと発表し、
世界が注目した!

患者200人に投与し、肺炎などの症状が改善したという。

今後は中国の医療現場での患者への使用が推奨される。
日本においても医師の判断によって新型コロナの患者へ
投与が可能となる。

日本政府は、この【アビガン】を200万人分備蓄しており、
富士フイルム側は「政府から増産を要請されている」
説明する。

アビガンは元々はインフルエンザ薬として製造販売承認を取得
し、16年に中国製薬会社にライセンスを供与していた。

新型コロナの治療薬としては、この【アビガン】とエボラ出血薬
【レムデシビル】が特に有望視されている。
レムデシビル4月には臨床試験の結果が出る見通しとの事。

ただ、リスクもありそうだ。

アビガンは動物実験で胎児への影響が確認されている。
妊婦への投与は厳禁だ。

レムデシビルの副作用はまだ不明とのこと。

しかし、確実に新型コロナへの治療薬開発は進んでいる。
今なお、不眠不休で開発に携わっている科学者・研究者・医師
心から感謝と敬意を、そしてもうすぐ終焉を迎える可能性が
ある新型コロナの不況終焉を期待しましょう!

《関連記事》
👉遺伝子検査~ジーンライフ
👉新型コロナから学ぶべきこと

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!