人間力の本当の意味

人間力の本当の意味

仕事でもプライベートでも人間力が問われる時代。

仕事においては、

『経営者やリーダー的存在には人間力が問われる!』

と多くの方が発言しています。

そもそも人間力とはなんでしょうか?

経済史において、孔子の言葉が人間力の本質を説いています。

『知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は恐れず』(知・仁・勇)

人間が備えるべき大事な【三徳】を説いた有名な言葉です。

知者とは、判断力のある人、
仁者とは、誠実で人格が備わっている人、
勇者は、行動力がある人

を指します。

この3つがそろえば、何も問題はないとされています。

しかし、一つでも欠ければ人間としてよろしくない!とされています。

例えば、

判断力もあり、行動力もあるが、誠実さのかけらもなかった。

これは恐ろしい人間です。

また、誠実さは備わっており、行動力もあるが、判断力がない人間というのは

周囲が困惑します。

判断力も誠実さもあるが、行動しない人もなかなか困りものです。

この【三徳】とは、とても理にかなっている言葉です。

どれが一つ欠けてもよくないという教えです。

人間力とはこの【三徳】を備えている人物ではないでしょうか。

《関連記事》
魅力ある上司とは
成功の定義とは
新型コロナの影響から学ぶこと
ベテラン社員の悪影響

不動産投資ランキング

👆👇励みになります!応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください