中国株急落 430兆円消失

2月3日に取引を再開した上海市場では株価指数が、一時9%安と急落しました。

新型肺炎問題(コロナウイルス)を懸念し、

世界の株式時価総額は、この10日ほどで約4兆ドル(430兆円)減ったとのことです!

中国経済は生産でも債務でも巨大になり、

世界経済へ大きな打撃を与えようとしています。

終息が見えない新型肺炎(コロナウイルス)が、今後どの程度世界経済に打撃を与えるか

計り知れず、市場では不安が先行している状況です。

中国経済単体においても、新型肺炎(コロナウイルス)の与える影響について、

中国当局は、「経済、特に消費への影響が大きい」と述べています。

交通、運輸、文化、旅行、ホテル、飲食、映画娯楽などの業界への打撃が特に大きいです。

債務状況も問題です!

世界の債務に占める中国の割合も3%から20%に高まりました。

債務の返済が膨らむのは習近平(シー・ジンピン)指導部が景気対策を

目的に進めて来たインフラ整備の副作用です。

しかも、この債務問題は政府系の企業だけではなく、

大手民間企業にまで過剰債務の重荷がのしかかっています。

中国の上場企業の総負債は19年9月末で40兆元(約620兆円)を超えました!

今回の新型肺炎(コロナウイルス)による中国経済の世界的影響が長引けば

景気後退リスクを高めかねません。

この景気後退リスクは日本にとっても重大な影響となり、

不動産業界においても影響を及ぼす可能性は大いにあります。

1日も早く、新型肺炎(コロナウイルス)が終息してほしいものです。


不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!