AIでの偽の声 現金詐取

AI(人工知能)に音声や映像を学習させ、

本物そっくりの声や画像を合成させる新技術が注目されて
いますね。

この技術の良い点は、

例えば、すでに亡くなっているスーパースターやミュージシャンのような

有名人の声や映像を復活させ、あたかも本人が存在しているかのうような体感

ができます。

話題になった『AI美空ひばり』をご存じの方も
多いと思います。

この新技術は不動産にも応用できるようになります。

今の最新のマンションでは、

鍵をかざすだけで自分が住んでいるフロアにのみエレベーターでいける

システムがあります。

他にも、指紋認証、網膜認証、

スマートフォンでの鍵コード認証システムなどがあります。

新技術を応用すれば、

【自分の声】だけでこの鍵コード認証システムも可能
になります。

しかし、このような素晴らしい技術を悪用するケースが出て来たようです。

偽の音声電話で企業が現金をだまし取られる事件
ドイツ・イギリスで発生しました。

あるエネルギー関連企業のCEOに親会社のCEOから電話がかかってきました!

「22万ユーロを振り込んでくれ!」
※22万ユーロ(日本円で約2600万)

この声の主は親会社のCEOでなく、AI新技術を悪用した犯罪者でした。

自分の上司にあたる人からの直接の指示の為、何の疑いもなく振込を行い

まんまとだまされたというニュースです。

金銭の詐欺だけではありません。

芸能人や政治家、はたまた人気や悪評を流したい時などにフェイク

音声・映像が作られ、悪用される。

このような悪質な動画は、「ディープラーニング」と「フェイク」を掛け合わせた造語で「ディープフェイク」と呼ばれているそうです。

簡単に、「ディープフェイク」を作れるアプリもあるというのです。

こうしたAIを使ったサイバー犯罪が今年日本でも脅威になると言われています。

振込を依頼された際は、こちらからもう一度確認の電話を入れるようにする、

見たままを信じるのではなく、ディープフェイクを使った動画ではないかと疑いの目を持つようにする、

などするようにして、AIを使ったサイバー犯罪に巻き込まれないように、皆さんも気を付けてくださいね。

《★関連記事★》👉スパイ天国 日本の実態
👉博多駅ビル 女性用トイレ スマホで確認

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!