借主の店舗費用(固定費)を削減する

店舗を借りて事業を営んでいる事業者の中には、固定費である店舗費用が削減できたらと思っていらっしゃる方も少なくないと思います。

そこで、今回は一般的な固定費削減(賃料削減)の手法と、

実際に店舗を借りて事業を営んでいる方の、一般的な固定費削減の手法とは全く違う、固定費削減の実務体験をご紹介致します。

【一般的な賃料削減の手法】

● 管理会社に賃料を下げてもらう交渉をする
● 大家(借主)へ賃料を下げてもらう交渉を直接行う。
● 弁護士へ依頼する

借主である事業者目線で言うと、単純に毎月の賃料を下げてもらえたら助かる、というのが本音で多いと思います。

ただ、大家(貸主)や管理会社目線で言うと、簡単には賃料を下げたくない、下げる交渉を受けたくない、というのが本音です。

よって、

賃料削減をお願いする根拠の準備が必要

です。

■準備■
① 近隣周辺の同じような店舗の坪単価賃料を調べる
② 近隣周辺の空き店舗の募集要件(賃料含む)を調べる
③ 事業の売上・利益は下がっている証拠(売上表など)を準備する

また、店舗でよくあるのは、店舗内の修繕に関するトラブルです。

トラブル例として、

● 店舗内の配管が故障・漏水・破水を起こした
● トイレ・エアコンが故障した
● 雨漏り・カビ臭い

等があります。

お借りしている店舗の建物自体の老朽化に伴い、修理・修繕は発生します。

事業者にとっての問題は、

① 営業に支障が出る
② 修理費用はどちらが負担するのか気になる

ということです。

当然、賃貸借契約書があれば、その内容に沿うのが原則ですが、トラブルが起きたら管理会社や大家(貸主)ときちんと話し合い、出して頂きたい費用は 丁寧にかつ、素直に お伝えするべきです。
《注目記事》👉家賃の下げ方   👉不動産売買 失敗話

以上が、《一般的な賃料削減の手法》でした。

続いて、最初にお話しした、

私自身とても勉強になった、実際に店舗を借りて事業を営んでいる方の賃料削減の手法をご紹介します。

それは、店舗を借りて事業を営んでいるある居酒屋の話です。

その居酒屋オーナーは従業員数名を抱えており、売上・利益の増額と固定費削減を気にし始めていました。

事業主の方であれば、当然でしょう。

私は、上記の《一般的な賃料削減の手法》をお伝えしました。

ただ、その居酒屋のオーナーは、

大家さんに申し訳ない、人間関係を壊したくない、

とおっしゃいました。

とても情が深い方です。

何度かお話を重ねるうちに、居酒屋オーナーは閃きました。

大家さんに、

店にお客さんを連れてきてもらうようにお願いをする

ことです。

その居酒屋のオーナーは、大家さんに固定費削減をしたい思いを正直に話し、ただ、単純に賃料を減額してもらうことは大家さんに申し訳ないことを伝えた上で、居酒屋にお客さんを時々連れてきてもらいたいことをお願いしたのでした。

大家さんは、居酒屋のオーナーのお願いを聞いて、居酒屋の売上が下がって景気が悪くなることは良くないからねと受け入れてくださり、週に1回ほど多くのお客様を連れて一緒に飲みに来てくださるようになりました。

その居酒屋は料理がとてもおいしいので、

その居酒屋を知った大家さんに何度も連れて来られた大家さんのお友達の中にはリピーターになられたり、またそのお客様が別のお客様を呼んできてくださるという、プラスの相乗効果が得られるようになったのです。

月の賃料を数万円下げてもらうことも借主には魅力的ですが、

中長期で見るゆとりや 心のゆとり があれば、

このような、削減に目を向けるのではなく売上アップに目を向ける という 逆の発想は、事業主ならではの素晴らしい発想だと思いました。

私自身このような方法が思いつかなかったのは、まだまだ経験不足であり、何より心のゆとりがその居酒屋のオーナーに比べて足りていないと実感し、まだまだ人生勉強だと感じた出来事となりました。
《参考記事》👉人間力の本当の意味とは

以上、借主の店舗費用(固定費)削減する手法、でした。

不動産投資ランキング

👆👇励みになります!応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください