家賃の下げ方

家賃を下げられたら、と思っている入居者・事業者の方は、多いと思います。

実際に下げられる手法は、あります。

あくまで、

対人であり、誠意ある対応を心掛けるという前提 で、

ストレートに家賃を下げる手法 をお伝えします。

家賃を下げるための準備と手法

① 自分と同じ階数か上階の家賃募集金額をネットで調べる。

 ⇒手法:自分の部屋より家賃が低く募集されていたら、その情報を根拠に管理会社・大家へ家賃減額の相談をされてください。(妥当な相談です)

② 自分のマンション・アパートに空き部屋が無い場合は、徒歩3分圏内の同じような立地で同じような建物構造・同じような間取りの家賃募集価格を別棟で5ヵ所以上インターネットで検索する。

⇒手法:自分の部屋より家賃が低く募集されていたら、その情報を根拠に管理会社・大家へ家賃減額の相談をされてください(妥当な相談です)
※《注目記事》👉店舗費用の下げ方(交渉編)

注意点

管理会社さんも大家さんも、雑な態度や上から目線、誠意のない交渉は嫌な気分がします。

なお、管理会社さんと大家さんの主張の根拠として賃貸借契約書を話題にするケースがあります。(あなたとの契約はこの書面で確保されている、等)

『人対人』であることを常に念頭に入れ、この物件が好きで引き続き借りる意思があるため丁寧な相談です、という気持ちが伝われば対応が良くなるケースが多いです。

対応が悪い管理会社さんや大家さんもいる可能性があります。

その際はインターネットでも弁護士さんの見解や法律的解釈も出てきますが、賃料の減額請求において妥当な賃料交渉は正当な交渉であるという根拠を集められます。
その根拠をお渡しください。
(調停や裁判をして時間とお金とストレスをお互いが受けるよりも妥当な交渉を目指してください)
《注目記事》👉フリーランス・自営業の住宅ローン
      👉家賃の供託
      👉中小企業へ無利子無担保の融資支援~政府主導★

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!