ルームクリーニングの単価表(目安)

ルームクリーニングの単価表(※あくまでも私の経験値による試算です)

①エアコンクリーニング  10,000円~25,000円
 ※お掃除機能付きは通常よりも5,000円程高いです。
 ※エアコンの機械の性能や室外機まで清掃するかどうかで値段が変わります。
  (室外機までクリーニングを行うとすれば、通常料金+10,000円くらいします)

②換気扇・換気口  (1基)1,500円~3,000円
 ※換気扇の取り外しが簡単な物か、工具を必要とするかで変わります。

③家電 (1基)1,000円~8,500円
 ※冷蔵庫は、綺麗な状態であれば割安ですが、洗濯機は8,500円程かかる場合もあります。
 (家電の中で手間と時間を要するのは洗濯機・乾燥機です)

④キッチン・お風呂・トイレの清掃  3箇所で8,000円~30,000円
 ※汚れ具合で値段がバラバラです。
  あまりにカビ・破損が目立つ場合には清掃では解決できない事もあります。
  部品や部材の交換費を要求されるケースもあります。  

⑤壁クロスと居室の拭き掃除 
 ●1K~1DK(26㎡未満)  8,000円~15,000円
 ●1LDK~2DK(45㎡未満)15,000円~25,000円
 ●2LDK~3LDK(70㎡未満)25,000円~40,000円
 ●70㎡以上 ※45,000円~

⑥ペットを飼っていた部屋の場合(追加料金)※消臭と消毒料の金目安
 ●1K~1DK(26㎡未満) 12,000円~22,000円
 ●1LDK~2DK(45㎡未満)25,000円~50,000円
 ●2LDK~3LDK(70㎡未満)50,000円~120,000円
 ●70㎡以上 ※140,000円~

【ルームクリーニングに使用する材料・道具・工具】
①雑巾・布巾・※マイクロファイバー布巾
②バケツ2個(洗剤を入れる用と排水口などの洗浄用)
③クイックルワイパー・ほうき・ちりとり・ゴミ袋
④ビニールシート(大きめ)1枚 ※道具や材料を居室に直置きしない為に必要です。
⑤プラスマイナスドライバー(ドライバーセット)※エアコン・換気扇の分解に必要です。)
⑥ブラシ(歯ブラシや清掃用の小型ブラシをいくつか準備しましょう)
⑦ゴム手袋(使い捨てと厚みのあるゴム手袋が必要です)
※強力な洗剤を使用する場合には二重に手袋をしましょう。
⑧ゴーグル・眼鏡・マスク※ハイターや強力な洗剤は目に沁みたり、清掃中に肌に触れる事もあります。
⑨『強力カビ取りハイター』『マジックリン』※市販
『エコ洗剤※水ピカやアルカリ性成分の洗剤』※ネット販売のみ

⑩アルカリ性成分の強力クレンザークリームタイプ(しつこい汚れを落とせます)※百均で買えますよ!
⑪耐水ペーパー(400・600・1200)※数字が高いほど粒が多く綺麗に研磨できます。
⑫たわし(隅々の清掃が多い為、小さめがおすすめです)
⑬飲み物とタオル(※凄く汗をかきます)
⑭スマホ※清掃前と清掃後の写真を撮影しておきましょう!

このように写真をきちんと取っておかないと、中には『本当に洗浄(清掃)しましたか?』なんて事を聞かれた際に証明できないケースもあります。清掃前と清掃後の写真が効果的な証明です。

最後に、清掃する際に見落としガチなのはベランダです!
ベランダもある程度(10分程度の作業時間)綺麗にすれば、印象が良いですよ。

この写真は分かりにくいですね(笑)左が清掃後の写真です^^

不動産業における賃貸業は、物件の定期清掃に退去後のルームクリーニングとお金がかかります。
不動産を購入される人へのアドバイスといたしましては、
『毎月の想定満室賃料×10%~15%×12か月』は、修理修繕・ルームクリーニング・物件の定期清掃への費用捻出が発生するということをお忘れなくきちんと計算して物件を購入されないと、後々大変苦しくなりますよ^^

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!