太陽光発電設置が再び加速する!

昨今、
CO2削減の対策として、
『日本国内の全ての屋根に太陽光発電を設置するべき』
という言葉を政治家の小泉進次郎氏が発しました。

12年前も、この政治主導による太陽光発電や自然エネルギー推進の発言により、
空前の自然エネルギーブームとなりました。

風力発電、水力発電、バイオマス、火力と、自然エネルギーを活用し、
少しでも地球にやさしい環境づくりを行おうとする動きです。

その中でも、『太陽光発電』は私達庶民に身近な対策だと思います。
※一部評論家では、太陽光発電設置自体ははCO2に有効だが、太陽光パネルやモーターを作る工場では
そもそもCO2が排出されているという見方もあります。

寒い地域で雪が積もる地域では太陽光発電は意味がないかもしれません。

しかし、その他の地域では太陽光発電はやはり有効ではないでしょうか。

これから、太陽光設置にエコキュート、蓄電池と再び太陽光バブルが来るのか、
それとも穏やかに推進されていくのか。
いずれにしても新築で住宅を作る人は太陽光発電を屋根に付ける事も検討するのでしょう。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!