アパート経営の大切な残り2つ

先日の記事の続きとなります。

大家さん、物件オーナーは大きな仕事が5つあります。

先日の記事では、
『管理会社の選定』『物件を良くする事』『数字に強くなる事』
の3つをお伝えさせて頂きました。

今回は残り2つをご紹介させて頂きます。

4つめ:管理会社・不動産会社・清掃会社・他、物件に関わる業者と良き人間関係を築く事

いわゆる、自分の事業に関わる人間関係を築き上げる事の重要性です。

これは大家業にとっては絶対に外してはいけないことですよね。

業者さんや管理会社の現場社員さんは大家の『部下』ではございません。
一緒に賃貸事業を成功へと導くための重要な仲間です。

もちろん、業者は利益が無いとお付き合いはできません。
しかし、その利益をもたらし、関係を築けたときには、
『お金にならに事も進んで動いてくれる』という心強いパートナーへと進化します。

『こんなの管理会社のしごとじゃないからお断りします』
という事が返ってくるという事は、
大家さんが人間関係を築けていない証拠です。

現場の人は、大抵が
『はじめは損得勘定で、数年したら情で動く』という人が多いです。

この始まりから数年間の人間関係をどう築くかが大切です。

言いたい事ばかり主張してもダメです!

常に、相手の立場に立ち、敬意を払えるかどうか!
これにつきます!

こんな大家、物件オーナーは『自分を見直してほしい』という事で、
『勘違いしている大家さん、物件オーナー』もご参照ください。

この賃貸管理について、もっともっと勉強したいという人は、
『賃貸管理』~本音で語る不動産やさん
の記事をたくさん見てください。力と心を込めて多数記載しております。

5つ目(最後):賃貸事業の事業主として覚悟を持ち、楽しむこと

最後は、精神論な感じとなりますが、とても大切なことです。

私は、精神論は嫌いですが、『精神力』は大切だと思います。

どんなことでも、自らが覚悟を持ち、その上で楽しむ!
これが賃貸事業にも大切なことではないでしょうか。

それは決して楽しい事ばかりではありません。
ストレスも増え、やる事も増え、日々休まることがないのを10年、20年と経験しました。
そしてこれからも難易度の高い試練は増えるのかもしれません。

それでも逃げずに、立ち向かう事が誰かのためになる。
しいては自分自身も助け、豊かな人生へと導いてくれると私は本気で思います。

最近ではスポーツ業界においても、『メンタル(精神状態)』を重視していますね。

日本の言葉でも、『病は気から!』という良き言葉がございます。

一人では解決できない事も、誰かの助けを借りながらゆっくり賃貸事業を学び、知り、
そして挫折したとしてもまた這い上がればいいじゃないですか。

変な話、不動産事業で仮に失敗しても人生の失敗とはなりません。

私達の一生の人生、一回きりの人生、
楽しい事ばかりではないですが、辛い事を経験したからこそ、幸せ度が増すと思います。

『苦難上等!行く道いばらの道、されど自らの道のおかげで後の人は安全である』
※私の勝手に作った言葉です。笑

さておき、メンタルも大切な為、メンタルの為の記事も多数ご用意しております。
ご興味ありましたらご参照ください。
『メンタル~大切なあなたへ』~本音で語る不動産やさん

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
ぜひ『読者登録』をお願いします。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!