大手不動産会社の決算状況

大手(社員2,000名以上)と言われる不動産企業の決算状況は、

あまり良い傾向ではありません。

テナントやホテル事業の収入の減少や、

賃貸物件の家賃滞納者の増加、

それに付随して、金融機関の引き締め(融資が厳しくなった)、

アパート・マンション建設販売の大幅な減少、
(今年の建設現場は昨年の受注契約による工事の為、来年は工事現場が減少するでしょう。)

赤字とまではいかなくても、収益減の企業が多数に上ります。
(レオパレス21は、2年前の建築問題から赤字が続いている状態)

不動産経済のカギとしましては、

『オリンピックの日本開催』となるでしょう。

もし、開催されれば、

『鎖国気味であった日本が再び開国』となり、

世間に、

コロナの影響は終わったという認識を持たせ、

国内での移動(旅行・出張)も増え、

観光業にホテル事業、民泊事業が回復し、

新幹線や航空会社も徐々に回復、

あなたの住む町に少しづつお金が落ちる、

という感じではないでしょうか。

もし、オリンピックが開催されなければ、

たぶん、この経済低迷の状況は数年は続くでしょう。

大切なことは、日本や世界全体に、

そういえば、最近コロナの話題を聞かなくなったね

という、雰囲気が大切です。

景気という文字から、やはり経済は

『人間の精神状態に大きく左右される』

という事になります。

明日は、コロナ後の不動産状況を予測した記事を書かせて頂きます。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。
また、下の応援ランキングもポチっと押して頂けると励みになります。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!