自然エネルギー分野はまだまだ発展する可能性が高い

自然エネルギー分野は、今後も益々発展する可能性が高いと私は思います。

世間や社会的にエネルギー分野が注目されているのがきっかけで思っている訳でははありません。

単純に、エネルギーにはリスクがつきものであるため、
リスクの分散をする上でも『エネルギー源の確保』が必要だと感じているからです。

例えば、
電気を原発や火力発電ばかりに頼っていては、
いざという時に電力不足となり、一時停電という事も最近は多いです。

水もそうです。
今存在している、ため池やダムばかりに頼っていても水不足による影響が
毎年起きています。

原油やガスの資源がない日本では、
中々エネルギーの確保を完璧には出来ませんが、
自動車は電気や水素で動く時代です。

まだまだ発掘の可能性は低いのかもしれませんが、
日本の海底には『メタンハイドレート』という、
新たなエネルギー資源がたくさん眠っているそうです。

数年前より大手商社を主導に、
メタンハイドレートの発掘に力を入れています。

今では、発掘は現実的に出来ているそうですが、
海底からメタンハイドレートを生きたまま陸に上げることが困難だそうです。

でも、きっと陸に上がり、
資源がないと言われていた日本に、資源が豊富になる時が来ると思います。

そしたら日本は好景気ですね!
だって、原油やガスを海外から輸入しなくてもいいのですから。
(でも、政治的に弱い日本は欧米に脅されて買わされ続けるのかも)

エネルギーの分野において、
『水・電気・ガス・原油』のリスク分散は今後も発展し、
私達の生活においても重要な課題となるでしょう。

本日は、経済トピックスの記事となります。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!