コロナパンデミックはインフォデミック&プランデミック

11月はコロナが落ち着いてきたかと思いきや、

12月に入ってからは安心はさせないぞとばかりにテレビや新聞では、

また、新型コロナ感染者が増えた、増えた!と、我々日本国民にこれでもかと不安を煽ってきています。

そもそも、PCR検査陽性者=コロナ感染者ではないのに、
まるで、PCR陽性者であれば、コロナ感染者であるかのような報道ばかり。

新型コロナ「検査の陽性者」=「感染者」ではない…!PCR検査の本当の意味

仮に、テレビや新聞の言うように、PCR検査陽性者=コロナ感染者
だとして、
なぜコロナ感染者が増えたか。

それを、政府やテレビや新聞は『GoToトラベル』のせいにしていますが。
12月28日~1月11日まで、『GoToトラベル』を全国を対象に一時停止が決定してしまいました。

はっきり言って、テレビや新聞の言う「コロナ感染者」が増えたのは、
GoToトラベルのせいではないでしょう!

高島宗一郎福岡市長はご自身のブログでその根拠をデータと共に示しています。
(高島宗一郎福岡市長の勇気に感動!)
➤高島宗一郎福岡市長のブログ 11月24日付のブログ 12月14日付のブログ

その原因は、完全に、入国緩和措置によるものでしょう!

日本の政府やマスコミは、なぜ、日本国内の真面目に感染対策をし、苦しい思いをしながらも我慢をし必死に働いている日本人を痛めつけ、

入国してくる外国人は隔離措置もせず野放しなのか!

そして、なぜ、日本が入国緩和措置を取っていることを、大手マスゴミは大きく報道しないのか!

菅総理、期待していたけど、
まだ、判断は出来ない段階ではあるとは思っているけれど、
日々の政策等に、マイナスイメージを持たざるを得ません。
(ですが、マスゴミが菅総理を叩き始めているので、何かがおかしいという違和感もあり、まだまだ菅総理に関しては注視していきたいと思っています。)

では、なぜPCR陽性者数が増えているのか。

それは、分母であるPCR検査者数が単純に5倍増えたから、分子であるPCR陽性者数が、5倍に増えているだけ。

ただそれだけの事なのです!

統計的に、PCR陽性者の確率は、何ら変わっていないんですよ!

分母のPCR検査者数を国民に知らせずに、

分子のPCR陽性者数だけマスゴミは我々に知らせているんですよ!
詐欺ですよ、詐欺!!!!
はっきり言って、マスゴミのやっていることは、
我々日本国民に対する大規模な詐欺行為ですよ!!

コロナ感染者数(ほんとはPCR検査陽性者数)を毎日毎日報道するなら、

それよりも多い、

インフルエンザ感染者数と死亡者数、
交通事故でのけが人と死亡者数、
ガン患者数とガンによる死亡者数、
もちを喉に引っ掛けて亡くなる人の数、
自殺者数。

・・・・・

これらの人数も毎日毎日報道すべきでしょう!
なぜ、これらの人数は報道されず、コロナの感染者数や死亡者数だけ仰々しく報道されるのですか?

インフルエンザが蔓延して経済を停滞させたことがあった?
交通事故で死者は毎日のように出ているけど、我々が車の運転を禁止されたことがあった?車の購入を制限されたことがあった?
餅の購入を禁止されたことがあった?
自殺者が増えているのは、コロナによる自粛要請が影響していることは、間違いないでしょう?

コロナでは死者を出してはダメ。
他では死者を出してOKってこと?

そんなのどう考えてもおかしいでしょう!!

でも、この理論をマスゴミは押し付け、我々にその行動を取らせているんですよ!

ほんっと、我々国民は、マスゴミに馬鹿にされ、踊らされているだけなんですよ。

アホらしいったらないです!!このコロナパンデミックが!!

ウイルス研究の専門家、京都大学准教授の宮沢孝幸氏のコメント。
ごもっともです。
コロナによる感染者を出さないために、飲食・小売・宿泊業をマスゴミや政府は見殺しにする気ですか?
宮沢先生も、ずっと以前から、自粛の必要はないと懸命に訴えています。

どんなにこのように、多くのウイルスや感染症の専門家が、必要以上にコロナを怖がることはない、自粛の必要はない、と懸命に訴えても、テレビや新聞はそれら主張を無視し、私たちの不安を煽ることばかり。
このことに、裏があると考える方が自然でしょう。
コロナパンデミックを利用し、どうしてもコロナワクチンと称した得体のしれない物を我々の体内に入れたい輩がいるのでしょう。
その人たちは、巨大マネーで、マスゴミを操り世論を作ることのできる、巨大な組織なのでしょう。

気づいてほしい。日本人の一人一人が、こんなバカげた

コロナパンデミックは、

=コロナインフォデミック
=コロナプランデミック

であることに。

コロナパンデミックは予め、裏で世界を操っているディープステートによって計画された、レールの一部にすぎないのです。
我々は彼らの計画のため、踊らされているに過ぎないのです。

コロナの真相

ここが信じられない方は、ご自身で、調べられてください。
ネットの中には、もちろんフェイクもありますが、大手メディアからは得られない、真実の情報がたくさん混ざっています。
ご自身で、納得のいくまで調べられてください。

マスゴミの言う通りにしていては、
我々は、強制的にコロナのワクチンと称した得体の知れないものを体内に入れられる羽目になり、
そして監視社会に間違いなく突入します。

監視社会に突入したあとは、このコロナパンデミックが無かったかのようになるでしょうね。
全世界の人々にコロナワクチンを打つことが出来れば、もう、レールの一部に過ぎなかったコロナパンデミックは、必要なくなりますから。

コロナパンデミックは、監視社会へと円滑に進めるためのルーツに過ぎないのです。

この大きな潮流に私達は抗うことなどできず、呑み込まれるしかないのでしょうか。

そんなレールになんか乗りたくない!絶対避けたい!と思っている方は少なからずいらっしゃるはずです。

どんなにマスゴミがコロナが怖いと煽ってきても、
周りに冷たい視線を送られても、

洗脳が解け、気づいている人たちで、勇気を出して涼しい顔をして、普通にコロナ前のように過ごすことが、このどうしようもない荒波を超える方法の一つではないでしょうか。

大手メディア以外の情報媒体から正しい知識を取得すれば、
コロナなんて怖くないってことがわかり、
我々はコロナ前の生活が普通に出来ることがわかります

そんな人が一人でも多く増えてそれが世論となれば、マスゴミも諦め、大規模な詐欺報道はできなくなるでしょう。

ほんとは、マスクなんて必要ない
むしろ、害でしかない。特に、子供にとって

マスクを常にすることの弊害で子どもの成長に今後悪影響があった場合、
政府やマスゴミはどう責任を取ってくれるのでしょうか。
責任なんて取ってくれないですよね?

消毒も、し過ぎると体に良くない。
逆に免疫力が下がるというのに。

なぜ、そのことをマスゴミは報道しないのでしょうか。

テレビのコメンテーターや御用学者、御用医者は、マスゴミが求めることしか言わないから、信じてはならないのです。
マスゴミは、我々国民のための報道はしません。
彼らの利益となることしか、報道しないのです。
善人の仮面を被った悪魔と思っても、過言ではないと考えます。

そんな中でも、

勇気ある下記学者や医者や大学教授が声を上げてくれています。

武田邦彦先生(ホンマでっか!?TVなどに出演されていた学者)、吉野敏明先生(歯科医師)、大橋眞先生(徳島大学名誉教授)、矢作直樹先生(医師・東京大学名誉教授)、藤井聡先生(京都大学大学院教授)、内海聡先生(医師)

が、『新型コロナ感染症予防対策についての共同宣言』

を出してくれています!

彼らがこのようなことをするのには、社会的になんのメリットもないのです。

批判に晒され、命を狙われ、神経が磨り減る事ばかりなのに。
大人しく過ごした方が安全に生きていけるのに。

なのに、このコロナパンデミックはおかしいと勇気を出して声を上げる彼らたち。
彼ら勇者の声に、我々は、少しでも耳を傾けてもいいのではないでしょうか。

是非、ご一読ください。
新型コロナ感染症予防対策についての共同宣言

最後まで読んでいただくと、この共同宣言に署名ができます。

募金して応援することもできます。(もちろん、募金しなくても署名だけでも大丈夫です。)

この共同宣言に共感する方は、是非ご署名のほうも、していただけたらと思います。

一人の声ではどうにもならなくても、

志を同じくする同志が集まり声をあげれば、きっとその声は人々に届くでしょう。

覚醒したアメリカ人がトランプ大統領を選んだように、日本人も覚醒するときです。

アメリカは今回の大統領選で大規模な不正が行われて、圧倒的勝利を収めていたはずのトランプ大統領が大統領の座から引きずり下ろされそうとしています。

まだまだトランプ大統領は、彼を応援するアメリカ愛国者に支えられながら、戦っています。負けてなんていません。
(本来ならば、不正が行われなければ圧倒的勝利を収めていたはずなのに。)

今回の大統領選挙で、トランプ大統領が負け、中国共産党の息がかかったバイデンが大統領となれば、
アメリカの民主主義は崩壊し、ゆえにそれは中国共産党の勝利を意味することになります。
アメリカ人は、懸命に戦っています。

我々日本人も、覚醒するときが来ています。
のほほんとしていたって、このコロナパンデミックが何事もなく終わることはありません。
我々が覚醒するか、巨大組織の思うが儘に事が進むか
この選択を今我々は迫られています。
それほどまでに今、我々は大変な岐路に立たされていると、私は大変な危機感を抱いています。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!